お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-16 10:20
INSTAC-8準拠評価ボードを使った実装攻撃実験の結果報告
角尾幸保JSA/NEC)・久門 亨NEC)・辻原悦子ワイ・デー・ケー)・松本 勉JSA/横浜国大)・川村信一藤崎浩一JSA/東芝
抄録 (和) 本稿では,INSTAC-8準拠評価ボードを使ったサイドチャネル攻撃の実験結果を3件報告する.3件の実験は,それぞれ差分電力解析(DPA),電磁波解析(EMA),単純電力解析(SPA)の例である.第1の実験は,DES暗号にDPAを適用した例であり,INSTAC-8準拠評価ボードが設計通りに動作するかを確認するために,評価ボードの製造者が実施した.第2の実験は,鍵加算後S-box(換字テーブル)を参照する処理1つをミニ暗号とみなし,EMAを適用した例であり,TECHNICAL REPORT OF IEICEで高橋らが報告した.第3の実験は,A5/1暗号にSPAを適用した例であり,著者らが2005年5月に行った結果を報告する.本稿は2005年9月に開催されたPhysical Security Testing Workshopで報告したものの日本語版である. 
(英) This paper presents the results of three kinds of Side-channel attacks, experimentally made against software-implemented ciphers on INSTAC-8 Compliant Board. Three side-channel attacks referred above are Differential Power Analysis, Electro Magnetic Analysis, and Simple Power Analysis. The first experiment, where DPA was applied on DES cipher, was conducted by the designers of INSTAC-8, in order to check the board if it works as intended. The second experiment, where EMA was made on mini-cipher, that is, a lookup of substitution box after key addition, was carried out and was reported in TECHNICAL REPORT OF IEICE by Takahashi et al. The third one, where SPA was made against A5/1 cipher, was performed by Tsunoo et al. in May 2005.
キーワード (和) INSTAC-8 / サイドチャネル攻撃 / SPA / DPA / EMA / / /  
(英) INSTAC-8 / Side-channel attack / SPA / DPA / EMA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 663, ISEC2005-135, pp. 81-85, 2006年3月.
資料番号 ISEC2005-135 
発行日 2006-03-09 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 WBS IT ISEC  
開催期間 2006-03-16 - 2006-03-17 
開催地(和) 名古屋大学(東山キャンパスIB電子情報館) 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2006-03-WBS-IT-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) INSTAC-8準拠評価ボードを使った実装攻撃実験の結果報告 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Results on INSTAC-8 Compliant Board 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) INSTAC-8 / INSTAC-8  
キーワード(2)(和/英) サイドチャネル攻撃 / Side-channel attack  
キーワード(3)(和/英) SPA / SPA  
キーワード(4)(和/英) DPA / DPA  
キーワード(5)(和/英) EMA / EMA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 角尾 幸保 / Yukiyasu Tsunoo / ツノオ ユキヤス
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: JSA/NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久門 亨 / Toru Hisakado / ヒサカド トオル
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻原 悦子 / Etsuko Tsujihara / ツジハラ エツコ
第3著者 所属(和/英) 株式会社ワイ・デー・ケー (略称: ワイ・デー・ケー)
Y.D.K.Co.,Ltd. (略称: Y.D.K.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 勉 / Tsutomu Matsumoto / マツモト ツトム
第4著者 所属(和/英) 横浜国立大学大学院環境情報学府/研究院 (略称: JSA/横浜国大)
Yokohama National University, Graduate School of Environment (略称: Yokohama National Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 信一 / Shinichi Kawamura / カワムラ シンイチ
第5著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: JSA/東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤崎 浩一 / Kouichi Fujisaki / フジサキ コウイチ
第6著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: JSA/東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-16 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2005-78,IEICE-ISEC2005-135,IEICE-WBS2005-92 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.661(IT), no.663(ISEC), no.665(WBS) 
ページ範囲 pp.81-85 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IT-2006-03-09,IEICE-ISEC-2006-03-09,IEICE-WBS-2006-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会