お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-16 17:55
[特別講演]適応学習型ビジョンへのアプローチ
大津展之産総研
抄録 (和) 本稿(講演)では、これまで筆者が従事してきた適応学習型ビジョンへのアプローチと研究成果の概要について報告する。まず、パターン認識の一般的な枠組みに基づき、幾何学的な側面としての不変特徴抽出と統計的な側面としての判別特徴抽出の2段階の特徴抽出からなるアプローチを強調する。次に、その線に沿ってこれまで開発してきた、高次局所自己相関(HLAC)特徴抽出と多変量解析手法を組み合わせた汎用画像認識方式、およびその応用について紹介する。最後に、HLAC特徴抽出法を時空間へ拡張した立体高次局所自己相関(CHLAC)特徴抽出法に基づく汎用動画像認識の最近の成果について報告する。 
(英) This paper (invited talk) presents an outline of our approach and research results towards adaptive and trainable vision systems which the author has been devoted to. First, such an approach is emphasized that is based on the general framework of pattern recognition consisting of two stages of feature extraction; invariant feature extraction as the first geometrical aspect, and discriminant feature extraction as the second statistical aspect. Along the line of the general approach, a scheme of general- purpose adaptive and trainable image recognition comprising Higher-order Local Auto-Correlation (HLAC) feature extraction and multivariate analysis methods so far developed and its several applications are introduced. Finally, some recent researches using extended HLAC (CHLAC) features for several practical applications of motion recognition are presented.
キーワード (和) 視覚システム / パターン認識 / 特徴抽出 / 多変量解析 / / / /  
(英) vision system / pattern recognition / feature extraction / multivariate analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 673, PRMU2005-258, pp. 171-172, 2006年3月.
資料番号 PRMU2005-258 
発行日 2006-03-09 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2006-03-16 - 2006-03-17 
開催地(和) 九大(福岡市東区) 
開催地(英) Kyushu Univ. 
テーマ(和) CVのためのパターン認識・学習理論の新展開 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2006-03-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 適応学習型ビジョンへのアプローチ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚システム / vision system  
キーワード(2)(和/英) パターン認識 / pattern recognition  
キーワード(3)(和/英) 特徴抽出 / feature extraction  
キーワード(4)(和/英) 多変量解析 / multivariate analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大津 展之 / Nobuyuki Otsu / *
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-16 17:55:00 
発表時間 35 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2005-258 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.673 
ページ範囲 pp.171-172 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-PRMU-2006-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会