お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-16 11:35
位相限定相関法に基づく高精度波形解析とそのサイドチャネル攻撃への応用
今井裕一本間尚文長嶋 聖青木孝文東北大)・佐藤 証日本IBM
抄録 (和) 本稿では,位相限定相関法を用いた高精度な波形位置あわせ手法とそのサイドチャネル攻撃への応用について述べる.一般にSPAやDPAのような電力解析攻撃では,ノイズ成分の低減や秘密情報の抽出のため電力波形データへの統計的な処理を必要とする.しかし,一連の電力波形データには,しばしば測定時の取り込み誤差による位置ずれが含まれる.提案する手法は,離散フーリエ変換した波形より得られる位相成分から,サンプリング分解能を越える精度で信号波形間の位置ずれ量を推定する.波形間の位置ずれを高精度に補正することで電力解析攻撃の効果を高めることができる.本稿では,Z80プロセッサ上のDESのソフトウェア実装に対するDPAによりその可能性を示す. 
(英) This paper presents a high-resolution waveform alignment method using a Phase-Only Correlation (POC) technique and its application to side-channel attacks against cryptosystems. In general, power analysis attacks, such as SPA and DPA, require a statistical analysis of power waveforms to reduce noise and to retrieve secret information. However, the waveform data often include displacement errors in the measurement. The use of phase components in discrete Fourier transforms of waveforms makes it possible to estimate the displacements between signal waveforms with higher resolution than the sampling resolution. The effectiveness of power analysis attacks can be enhanced using the super-resolution alignment method. In this paper, we demonstrate the potential of the enhanced attacks through a set of experimental DPAs against DES software implementation on a Z80 processor.
キーワード (和) サイドチャネル攻撃 / 差分電力解析 / 波形位置合わせ / 位相限定相関 / / / /  
(英) Side Channel attacks / Differential power analysis / Waveform alignment / Phase-only correlation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 663, ISEC2005-138, pp. 97-103, 2006年3月.
資料番号 ISEC2005-138 
発行日 2006-03-09 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 WBS IT ISEC  
開催期間 2006-03-16 - 2006-03-17 
開催地(和) 名古屋大学(東山キャンパスIB電子情報館) 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2006-03-WBS-IT-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位相限定相関法に基づく高精度波形解析とそのサイドチャネル攻撃への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A High-Resolution Waveform Analysis Based on Phase-Only Correlation and Its Application to Side-Channel Attacks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サイドチャネル攻撃 / Side Channel attacks  
キーワード(2)(和/英) 差分電力解析 / Differential power analysis  
キーワード(3)(和/英) 波形位置合わせ / Waveform alignment  
キーワード(4)(和/英) 位相限定相関 / Phase-only correlation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 裕一 / Yuichi Imai / イマイ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚文 / Naofumi Homma / ホンマ ナオフミ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長嶋 聖 / Sei Nagashima / ナガシマ セイ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 孝文 / Takafumi Aoki / アオキ タカフミ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 証 / Akashi Satoh / サトウ アカシ
第5著者 所属(和/英) 日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 (略称: 日本IBM)
IBM Research, Tokyo Research Laboratory, IBM Japan Ltd. (略称: IBM Japan)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-16 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2005-81,IEICE-ISEC2005-138,IEICE-WBS2005-95 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.661(IT), no.663(ISEC), no.665(WBS) 
ページ範囲 pp.97-103 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IT-2006-03-09,IEICE-ISEC-2006-03-09,IEICE-WBS-2006-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会