お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-16 10:45
算術符号における符号語の生成過程の確率モデルについて
渡邊 大・○西新幹彦森田啓義電通大
抄録 (和) 算術符号を用いた符号化では, 情報源系列の先頭部分を見ることによって
符号語の先頭部分を決めることができる.
本稿では, 情報源系列のシンボルを
ひとつずつ入力したときの符号語の生成過程や復号系列の生成過程を観測した実験結果を示し,
その結果をもとにそれらが幾何分布の性質を持っていることを示す.
また、符号化と復号化にともなう遅延を観測した実験結果を示し,
実時間伝送システムで安定した再生をするための初期遅延の閾値を求める. 
(英) Using the arithmetic code, a prefix of codeword can be determined from
a prefix of source sequence.
In this report, we show experimental results obtained by observing
generating process of codewords and decoded sequences, and
show that they are approximated by geometric distribution.
We also show experimental results obtained by observing delay caused by
encoding and decoding, and obtain threshold of initial delay for stable
reproduction on a realtime transmission system.
キーワード (和) 実時間伝送システム / 算術符号 / 符号語の生成 / 復号系列の生成 / 遅延 / 確率モデル / /  
(英) realtime transmission system / arithmetic code / encoding process / decoding process / delay / stochastic model / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 661, IT2005-90, pp. 153-158, 2006年3月.
資料番号 IT2005-90 
発行日 2006-03-09 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 WBS IT ISEC  
開催期間 2006-03-16 - 2006-03-17 
開催地(和) 名古屋大学(東山キャンパスIB電子情報館) 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2006-03-WBS-IT-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 算術符号における符号語の生成過程の確率モデルについて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On stochastic model for generating process of codewords of arithmetic code 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 実時間伝送システム / realtime transmission system  
キーワード(2)(和/英) 算術符号 / arithmetic code  
キーワード(3)(和/英) 符号語の生成 / encoding process  
キーワード(4)(和/英) 復号系列の生成 / decoding process  
キーワード(5)(和/英) 遅延 / delay  
キーワード(6)(和/英) 確率モデル / stochastic model  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 大 / Dai Watanabe / ワタナベ ダイ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
the University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西新 幹彦 / Mikihiko Nishiara / ニシアラ ミキヒコ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
the University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 啓義 / Hiroyoshi Morita / モリタ ヒロヨシ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
the University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-16 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2005-90,IEICE-ISEC2005-147,IEICE-WBS2005-104 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.661(IT), no.663(ISEC), no.665(WBS) 
ページ範囲 pp.153-158 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2006-03-09,IEICE-ISEC-2006-03-09,IEICE-WBS-2006-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会