お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-16 11:35
Performance Analysis of Space-Time CDMA Systems over MIMO Rayleigh Fading Channels
Dianjun ChenTakeshi HashimotoUniv. of Electro-Comm.
抄録 (和) AWGN通信路の場合、分解可能なエラーベクトル考え方を用いて
最ゆうマルチユーザ受信器の誤り率の良い上界が得られている
[Verdu, 86]。MIMOフェージング通信路における
時空間CDMAシステムの場合、(通信路に関する条件付)
誤り率の上界をパス係数に関して積分(平均)する時、
分解可能なエラーベクトルが積分の領域を決める。
我々はこの部分的な領域における積分の平均を計算し、
新たな誤り率の上界を導出する。 
(英) For an AWGN channel,
indecomposable error vector (IEV) is introduced to tighten
the BER (bit error rate) upper bound of the optimum multiuser detector
[Verdu, 86].
For MIMO Rayleigh fading channels, IEVs determine a integral region
when error probability is averaged with respect to the given path coefficients.
In this paper, averaging the error probability
over the integral region determined by IEVs,
we calculate a BER upper bound for the ML receiver
in a downlink space-time CDMA system.
This upper bound is tighter than the bound proposed in [Chen and Hashimoto, 04].
キーワード (和) 分解可能なエラーベクトル / MIMO通信路 / CDMA / / / / /  
(英) indecomposable error vector / MIMO channel / CDMA / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 661, IT2005-92, pp. 165-169, 2006年3月.
資料番号 IT2005-92 
発行日 2006-03-09 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 WBS IT ISEC  
開催期間 2006-03-16 - 2006-03-17 
開催地(和) 名古屋大学(東山キャンパスIB電子情報館) 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2006-03-WBS-IT-ISEC 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Analysis of Space-Time CDMA Systems over MIMO Rayleigh Fading Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分解可能なエラーベクトル / indecomposable error vector  
キーワード(2)(和/英) MIMO通信路 / MIMO channel  
キーワード(3)(和/英) CDMA / CDMA  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 佃軍 / Dianjun Chen / チン デングン
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 猛 / Takeshi Hashimoto / ハシモト タケシ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-16 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2005-92,IEICE-ISEC2005-149,IEICE-WBS2005-106 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.661(IT), no.663(ISEC), no.665(WBS) 
ページ範囲 pp.165-169 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IT-2006-03-09,IEICE-ISEC-2006-03-09,IEICE-WBS-2006-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会