電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-15 10:35
動的模型によるスキージャンプ・テイクオフ動作の空気力学的解析
井上親睦北大)・山本敬三浅井学園大)・川初清典北大)・下岡聡行埼玉医科大)・上杉尹宏北海道東海大)・清水孝一北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) スキージャンプ・テイクオフ動作を行う動的模型を開発し,風洞実験で気流状態と空気力に関し基礎的検討を行った.煙法を用いて模型周辺の気流状態を可視化すると同時に,6軸力覚センサで空気力を測定した.ジャンパー背側の正中矢状断面で気流の剥離領域を観測したところ,従来の固定姿勢解析の結果に比べ,動的な場合には剥離領域が小規模になることを見出した.また,剥離領域が動作に伴って臀部後方へ流れる様子も観察された.動作中の空気力と気流の経時変化を解析した結果,剥離領域の規模が空気力,特に揚力と強く関連することが明らかになった.本研究を通し,開発した模型が動的気流解析に有用であることが示され,テイクオフ動作最適化への適用可能性が明らかとなった. 
(英) To simulate the take-off motion of ski-jumping, a dynamic miniature model was developed. Using the model, the airflow and the aerodynamic force were studied in wind-tunnel experiments. The airflow around the model was visualized by the smoke method, and the aerodynamic force was measured with the 6-axes mechanical sensor. Turbulence was observed around the model’s back in the mid-sagittal plane. It was found that the area of the turbulence is significantly smaller with the dynamic model than with the static model. The flow of the turbulent area toward the back of the buttocks was observed, as well. In the analysis of the temporal characteristics of the airflow and the aerodynamic force, the close correlation was found between the scale of the turbulence and the aerodynamic force, particularly the lift force. This study shows the usefulness of the dynamic miniature model for the analysis of dynamic airflow and the applicability of this model to optimize the take-off motion in ski-jumping.
キーワード (和) スキージャンプ / テイクオフ / 動的 / 気流可視化 / 風洞 / 空気力学 / /  
(英) Ski-jumping / take-off / dynamic / airflow visualization / wind tunnel / aerodynamics / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 655, MBE2005-130, pp. 9-12, 2006年3月.
資料番号 MBE2005-130 
発行日 2006-03-08 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2006-03-15 - 2006-03-16 
開催地(和) 玉川大学工学部 
開催地(英)  
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2006-03-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動的模型によるスキージャンプ・テイクオフ動作の空気力学的解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Aerodynamic analysis of take-off movement of ski-jumping using dynamic miniature model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スキージャンプ / Ski-jumping  
キーワード(2)(和/英) テイクオフ / take-off  
キーワード(3)(和/英) 動的 / dynamic  
キーワード(4)(和/英) 気流可視化 / airflow visualization  
キーワード(5)(和/英) 風洞 / wind tunnel  
キーワード(6)(和/英) 空気力学 / aerodynamics  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 親睦 / Shinboku Inoue / イノウエ シンボク
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 敬三 / Keizo Yamamoto / ヤマモト ケイゾウ
第2著者 所属(和/英) 浅井学園大学 (略称: 浅井学園大)
Asai Gakuen University (略称: Asai Gakuen Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川初 清典 / Kiyonori Kawahatsu / カワハツ キヨノリ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 下岡 聡行 / Toshiyuki Shimooka / シモオカ トシユキ
第4著者 所属(和/英) 埼玉医科大学 (略称: 埼玉医科大)
Saitama Medical School (略称: Saitama med.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 上杉 尹宏 / Takahiro Uesugi / ウエスギ タカヒロ
第5著者 所属(和/英) 北海道東海大学 (略称: 北海道東海大)
Hokkaido Tokai University (略称: Hokkaido Tokai Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 孝一 / Koichi Shimizu / シミズ コウイチ
第6著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-15 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2005-130 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.655 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2006-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会