電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-06 13:10
Constructing a Thai Naming Expert System Using Knowledge Bases and the Concept of Ontologies
Chakkrit SnaeNaresuan Univ.
抄録 (和) Names are important in many societies, even in technologically oriented ones which use e.g. ID systems to identify individual people. There are many elements of personal names which vary in different cultures. Names such as surnames are the most important as they are used in many processes, such as identifying of people and genealogical research. On the other hand variation of names can be a major problem for the identification and search for people, e.g. web search or security reasons. We show name variations for Thai names to guide the implementation of a rule based naming system. We use the LIG algorithms to find reasonable variants of names and use an ontology of names to capture the meaning of the variants which are based on the Thai naming methodology and rules. A further benefit of this process is an optimized name searching. 
(英) Names are important in many societies, even in technologically oriented ones which use e.g. ID systems to identify individual people. There are many elements of personal names which vary in different cultures. Names such as surnames are the most important as they are used in many processes, such as identifying of people and genealogical research. On the other hand variation of names can be a major problem for the identification and search for people, e.g. web search or security reasons. We show name variations for Thai names to guide the implementation of a rule based naming system. We use the LIG algorithms to find reasonable variants of names and use an ontology of names to capture the meaning of the variants which are based on the Thai naming methodology and rules. A further benefit of this process is an optimized name searching.
キーワード (和) personal names / name variations / name matching / ontology / rule based system / / /  
(英) personal names / name variations / name matching / ontology / rule based system / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2006-03-06 - 2006-03-07 
開催地(和) 関西学院大学 
開催地(英) Kwansei Gakuin University 
テーマ(和) 「コミュニケーションとAI」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2006-03-AI 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Constructing a Thai Naming Expert System Using Knowledge Bases and the Concept of Ontologies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) personal names / personal names  
キーワード(2)(和/英) name variations / name variations  
キーワード(3)(和/英) name matching / name matching  
キーワード(4)(和/英) ontology / ontology  
キーワード(5)(和/英) rule based system / rule based system  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Chakkrit Snae / Chakkrit Snae /
第1著者 所属(和/英) Naresuan University (略称: Naresuan Univ.)
Naresuan University (略称: Naresuan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-06 13:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 AI 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.639 
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会