電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-06 12:00
無線ホームネットワークにおける消費電力および即時性の改善手法
渡邊賢治阪大)・伊勢正尚シンセシス)・藤田 玄畠中理英尾上孝雄阪大)・庭本浩明芥子育雄シャープ)・白川 功兵庫県立大
抄録 (和) 本稿では,無線ホームネットワークにおける機器移動時の即時性改善および低消費電力動作のための送信出力制御手法を提案する.既存のIEEE 802.15.4を用いたホームネットワーク向けネットワーク層プロトコルでは,機器移動時の即時性と送信電力に関して課題があった.そこで,本稿では機器を移動ノードと固定ノードにクラス化し,この機器クラス化を基礎として,MACブロードキャストを用いた即時性改善手法とLQI(受信強度情報)を用いた送信出力制御手法について提案する.本手法を実装し,実機評価を行った結果,機器移動時の即時性改善とデータ送信時の送信電力低減を確認した. 
(英) In this paper, improvement of power consumption and response time is proposed dedicatedly for wireless home network. Existing network layer protocol over IEEE 802.15.4 suffers from long response time of moving devices and large transmission power. Thus, we introduce different classes of devices: mobile node and fixture node. Using these device classes, we propose a MAC broadcasting mode for improving response time and a transmission power control method based on LQI (Link Quality Indication). Experimental results show proposed method can reduce response time of moving device and the transmission power.
キーワード (和) 無線ホームネットワーク / IEEE 802.15.4 / 即時性 / 送信出力制御 / LQI / MACブロードキャスト / /  
(英) Wireless Home Network / IEEE 802.15.4 / Response Time / Transmission Power Control / LQI / MAC Broadcasting / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 633, CAS2005-100, pp. 25-30, 2006年3月.
資料番号 CAS2005-100 
発行日 2006-02-27 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 CAS SIP CS  
開催期間 2006-03-06 - 2006-03-07 
開催地(和) 琉球大学 
開催地(英) Univ of Ryukyu 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ、通信のための信号処理、符号理論、一般 
テーマ(英) Network processors, signal processing for communications, coding theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2006-03-CAS-SIP-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線ホームネットワークにおける消費電力および即時性の改善手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Power Consumption and Response Time in Wireless Home Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線ホームネットワーク / Wireless Home Network  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.15.4 / IEEE 802.15.4  
キーワード(3)(和/英) 即時性 / Response Time  
キーワード(4)(和/英) 送信出力制御 / Transmission Power Control  
キーワード(5)(和/英) LQI / LQI  
キーワード(6)(和/英) MACブロードキャスト / MAC Broadcasting  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 賢治 / Kenji Watanabe / ワタナベ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊勢 正尚 / Masanao Ise / イセ マサナオ
第2著者 所属(和/英) 株式会社シンセシス (略称: シンセシス)
Synthesis Corporation (略称: Synthesis Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 玄 / Gen Fujita / フジタ ゲン
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 畠中 理英 / Masahide Hatanaka / ハタナカ マサヒデ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾上 孝雄 / Takao Onoye / オノエ タカオ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 庭本 浩明 / Hiroaki Niwamoto / ニワモト ヒロアキ
第6著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Corp.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 芥子 育雄 / Ikuo Keshi / ケシ イクオ
第7著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Corp.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 白川 功 / Isao Shirakawa / シラカワ イサオ
第8著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-06 12:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2005-100,IEICE-SIP2005-146,IEICE-CS2005-93 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.633(CAS), no.635(SIP), no.637(CS) 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2006-02-27,IEICE-SIP-2006-02-27,IEICE-CS-2006-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会