お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-04 13:40
ICTを用いた特別支援教育の実践および事例データベース構築
永森正仁植野真臣淺井達雄長岡技科大)・長澤正樹新潟大
抄録 (和) 特別支援教育の実践を目標に,事例データベースの構築を行った.構築された事例データベースは以下の特徴を持つ.?児童一人ひとりに対応した指導記録の継続的な蓄積が可能である.?インターネット上においてデータベースを共有することができ,地理的,時間的な問題を克服することが可能である.?動画を含むマルチメディアデータを蓄積することで,指導における暗黙的知識を共有できる.本論ではその実践評価に関して報告する. 
(英) The Data Base for the special support education is constructed. The constructed Data Base has the following features. 1) The instruction record corresponding to each child can be continually stored. 2) The data base can be shared on the Internet. As the results, the problem at the distance and time can be solved. 3) The multimedia data including the video can be accumulated. As the results, the tacit knowledge can be shared. In addition, this paper evaluated this practice using some questionaires. The results show the effective ness of this practice.
キーワード (和) 特別支援教育 / 事例データベース / 遠隔教育 / eラーニング / ICT / / /  
(英) Special Support Education / Data Base / Distance Education / e-Learning / ICT / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 632, ET2005-107, pp. 1-6, 2006年3月.
資料番号 ET2005-107 
発行日 2006-02-25 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2006-03-04 - 2006-03-04 
開催地(和) 香川大工学部 
開催地(英)  
テーマ(和) 遠隔教育/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2006-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ICTを用いた特別支援教育の実践および事例データベース構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Practice of Special Support Education using ICT and the Data Base Construction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 特別支援教育 / Special Support Education  
キーワード(2)(和/英) 事例データベース / Data Base  
キーワード(3)(和/英) 遠隔教育 / Distance Education  
キーワード(4)(和/英) eラーニング / e-Learning  
キーワード(5)(和/英) ICT / ICT  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永森 正仁 / Masahito Nagamori / ナガモリ マサヒト
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: NUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 植野 真臣 / Maomi Ueno / ウエノ マオミ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: NUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 淺井 達雄 / Tatsuo Asai / アサイ タツオ
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: NUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長澤 正樹 / Masaki Nagasawa / ナガサワ マサキ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-04 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2005-107 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.632 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2006-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会