お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-04 11:20
Webサービスによるe-Learningシステム間のBBS連携
史 一華西南学院大)・小柳 健徐 海燕福岡工大
抄録 (和) 近年、e-Learningは学校教育・企業教育・生涯学習の新しい手段として、広く認知されるようになってきている。学習者により便利で効率のよい学習環境や学習コミュニティを構築するためには、同じあるいは似た科目・コンテンツを利用している異なるe-Learningシステム間で質問応答に関するBBS情報などのような学習情報の共有が重要である。しかし、現在のWebベースのe-Learningシステムの多くは、それぞれ独自なアーキテクチャを持っているため、システム間の学習情報や機能の共有は極めて困難である。本論文では、既存のe-learningシステムにWebサービス技術に基づいた広域BBS連携ツールを追加することによる実現方法を提案し、その仕組みと実現方法について報告する。 
(英) It is important to make learners possible to use e-Learning systems suitable to their needs and to share the learning data among e-Learning systems. The emerging paradigm of Web services promises to enable partners to easily use applications via the internet. In this paper, we discuss the framework of using Web service technology to loosely couple e-Learning BBS systems and show the implementation methods of both server systems and client systems.
キーワード (和) eラーニング / WEBサービス / SCORM / 自動連携 / 仮想学習環境 / / /  
(英) e-Learning / Web service / SCORM / machine-machine interaction / virtual e-Learning environment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 632, ET2005-91, pp. 19-24, 2006年3月.
資料番号 ET2005-91 
発行日 2006-02-25 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2006-03-04 - 2006-03-04 
開催地(和) 香川大工学部 
開催地(英)  
テーマ(和) 遠隔教育/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2006-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Webサービスによるe-Learningシステム間のBBS連携 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) BBS Information Sharing among e-Learning Systems with Web Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) eラーニング / e-Learning  
キーワード(2)(和/英) WEBサービス / Web service  
キーワード(3)(和/英) SCORM / SCORM  
キーワード(4)(和/英) 自動連携 / machine-machine interaction  
キーワード(5)(和/英) 仮想学習環境 / virtual e-Learning environment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 史 一華 / Yihua Shi / シ イッカ
第1著者 所属(和/英) 西南学院大学 (略称: 西南学院大)
Seinan Gakuinn University (略称: Seinan Gakuinn Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小柳 健 / Ken Koyanagi / コヤナギ ケン
第2著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: Fukuoka Ins. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 徐 海燕 / Haiyan Xu / ジョ カイエン
第3著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: Fukuoka Ins. Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-04 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2005-91 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.632 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2006-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会