電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-03 10:00
Design and Implementation of Real-time Channel Scanning Mechanism using Shared Beacon Channel in IEEE 802.11 Wireless LAN
Jaeouk OkThe Univ. of Tokyo)・Satoshi KomoritaAndreas DarmawanHiroyuki MorikawaTomonori AoyamaUniv. of Tokyo
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Handoff process in IEEE 802.11 wireless LANs must be accomplished with as little interruption as possible to maintain the required quality of service (QoS). Previous researches reported that channel scanning phase accounts for more than 90% of the overall link-layer handoff latency, ranging from 350 to 500 milliseconds. In order to eliminate the time-consuming channel scanning latency we propose a novel use of channel 14 as a stand-alone, shared beacon channel, where stations (STAs) can update information about neighboring access points (APs) via an extra receiver. In this paper, we design and implement Real-time Channel Scanning Mechanism on FreeBSD kernel with Atheros AR5212-based 802.11 a/b/g chipsets. From experimental results, we find that our mechanism contributes in completely eliminating channel scanning phase, in such a way that ICMP frames with the interval of 10 milliseconds are transmitted/received with the about 14.6 milliseconds during handoff across Basic Service Sets (BSSs) operating on different channels.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) IEEE 802.11 Wireless LAN / Fast Link-Layer Handoff / Shared Beacon Channel / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 628, IN2005-208, pp. 305-310, 2006年3月.
資料番号 IN2005-208 
発行日 2006-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2006-03-02 - 2006-03-03 
開催地(和) リザンシーパークホテル谷茶ベイ(沖縄) 
開催地(英) Rizzan Sea-Park Hotel Tancha-Bay (Okinawa) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2006-03-IN-NS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Implementation of Real-time Channel Scanning Mechanism using Shared Beacon Channel in IEEE 802.11 Wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / IEEE 802.11 Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) / Fast Link-Layer Handoff  
キーワード(3)(和/英) / Shared Beacon Channel  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉 載旭 / Jaeouk Ok / オク ゼウク
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小森田 賢史 / Satoshi Komorita / コモリタ サトシ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) アンドレアス ダルマワン / Andreas Darmawan / アンドレアス ダルマワン
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森川 博之 / Hiroyuki Morikawa / モリカワ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 青山 友紀 / Tomonori Aoyama / アオヤマ トモノリ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-03 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2005-208 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.628 
ページ範囲 pp.305-310 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2006-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会