お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-03 13:40
ピコセルシステムにおける周波数チャネル割当てアルゴリズムの実機による特性評価
山崎浩輔米澤健也盧 鋒石川博康武内良男KDDI研)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) ピコセルシステムでは,極小エリアを構成する複数の簡易基地局(BS)を任意の場所に配置してサービスエリアを
構築する.そのため基地局コストの低減及び置局設計の簡素化により,さらなるビットコストの低減が期待できる.
しかし,ピコセルシステムでは,同一のエリア内に複数のアクセスポイントが
設置された環境でパケット通信を行うことが想定されるため,各端末(SS)での干渉状態が
システム全体のスループットに大きく影響する.

そこで筆者らはSSから報告される干渉情報を基に集中制御局(CS)が周波数チャネル割当てを
自動的に行うことにより,簡略化した置局設計で干渉の少ないエリアを構築することを検討している


本稿ではピコセルシステムに周波数チャネル割当てアルゴリズムを適用した場合の,各SSにおける
受信C/I(Carrier to Interference Power Ratio)特性について計算機シミュレーションを用いて評価した.
また,実機を用いて提案アルゴリズムの有効性をスループットの観点から評価し,
本方式による改善が見られたので報告する. 
(英) Pico-cell based wireless packet access has potentiality of reducing its bits cost
by utilizing simple base station and simplified channel frequency allocation design for base station.
However, frequency channel interference between/among adjacent cells becomes very serious in the actual system.
In this case, throughput performance of the pico-cell system would degrade by low Carrier to Interference Power Ratio (C/I).
To overcome this drawback, novel channel allocation approaches would be required.
In this paper, a channel allocation algorithm with centralized approach is newly presented.
The proposed algorithm works based on interference information reported by each Subscriber Stations (SS).
Both of computer simulation results and experimental results based on implemented equipment clarify
the effectiveness of the pico-cell system.
キーワード (和) ピコセルアーキテクチャ / 周波数チャネル割当て / セル間干渉 / 集中制御 / / / /  
(英) Pico-cell / Interference / Centralized Channel Allocation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 623, RCS2005-213, pp. 211-215, 2006年3月.
資料番号 RCS2005-213 
発行日 2006-02-22 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ピコセルシステムにおける周波数チャネル割当てアルゴリズムの実機による特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of Pico-cell experimental system using frequency allocation algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ピコセルアーキテクチャ / Pico-cell  
キーワード(2)(和/英) 周波数チャネル割当て / Interference  
キーワード(3)(和/英) セル間干渉 / Centralized Channel Allocation  
キーワード(4)(和/英) 集中制御 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 浩輔 / Kosuke Yamazaki / ヤマザキ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 米澤 健也 / Kenya Yonezawa / ヨネザワ ケンヤ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 盧 鋒 / Feng Lu / ルー フェン
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 博康 / Hiroyasu Ishikawa / イシカワ ヒロヤス
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 武内 良男 / Yoshio Takeuchi / タケウチ ヨシオ
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-03 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-213 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.623 
ページ範囲 pp.211-215 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2006-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会