お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-03 15:20
RFID (ISO18000-3mode2) リーダライタのソフトウェア無線化に関する検討
河村英樹大橋享司日本信号)・中川佑一小森玲奈村口正弘東京理科大)・阪口 啓荒木純道東工大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 本稿では,現在主にアナログ回路で構成されているRFIDリーダライタのソフトウェア無線化を検討する.RFID規格の中でも特にISO18000-3モード2は,複数のRFIDタグとの同時通信を実現するために8つの周波数チャネルが用意されており,ソフトウェア無線アーキテクチャを採用した一括受信方式を導入することで回路規模やコスト削減が可能となる.本稿ではFPGAを搭載したソフトウェア無線機をターゲットとして具体的な回路構成を提案し実装する. 
(英) Implementation of RFID reader/writer on software defined radio is studied in this report. The target RFID is ISO18000-3 mode 2 which has 8 reply channels for simultaneous communication with 8 different RFID tags. In the software defined radio architecture, the 8 reply channels are sampled at a single A/D converter and separated by digital down converters, whereas conventional RFID architecture has redundant 8 parallel analog down converters. A novel time division multiplexing digital down converter is proposed for cost and size efficient implementation of multi-channel digital down converter. Moreover the proposed architecture is implemented on a FPGA evaluation board, and a validity of the system is confirmed on a real hardware.
キーワード (和) RFID / ISO18000-3 モード2 / ソフトウェア無線 / 時分割多重 / FPGA実装 / / /  
(英) RFID / ISO18000-3 mode2 / software defined radio / Time Division Multiplex / Implementing in FPGA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 625, SR2005-74, pp. 55-62, 2006年3月.
資料番号 SR2005-74 
発行日 2006-02-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RFID (ISO18000-3mode2) リーダライタのソフトウェア無線化に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of RFID (ISO18000-3 mode 2) Reader Writer on Software Defined Radio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RFID / RFID  
キーワード(2)(和/英) ISO18000-3 モード2 / ISO18000-3 mode2  
キーワード(3)(和/英) ソフトウェア無線 / software defined radio  
キーワード(4)(和/英) 時分割多重 / Time Division Multiplex  
キーワード(5)(和/英) FPGA実装 / Implementing in FPGA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 英樹 / Hideki Kawamura / カワムラ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 日本信号株式会社 (略称: 日本信号)
THE NIPPON SIGNAL CO.,LTD (略称: NIPPON SIGNAL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 享司 / Kyoji Ohashi / オオハシ キョウジ
第2著者 所属(和/英) 日本信号株式会社 (略称: 日本信号)
THE NIPPON SIGNAL CO.,LTD (略称: NIPPON SIGNAL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 佑一 / Yuuichi Nakagawa / ナカガワ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小森 玲奈 / Reina Komori / コモリ レイナ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村口 正弘 / Masahiro Muraguchi / ムラグチ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪口 啓 / Kei Sakaguchi / サカグチ ケイ
第6著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Institute of Technology)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 純道 / Kiyomichi Araki / アラキ キヨミチ
第7著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Institute of Technology)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-03 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2005-74 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.625 
ページ範囲 pp.55-62 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2006-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会