お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-03 13:00
粒子フィルタを利用したTDOA型室内位置推定に関する一検討
谷口健太郎河野隆二横浜国大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 無線センサネットワークにおいては,個々のセンサノードの位置を正確に知ることが必要不可欠である.センサノードの位置推定法としては,センサ信号の到来時間差を利用したTDOA(Time Difference of Arrival)型測位システムが知られているが,従来型の直線探索アルゴリズムでは,マルチパスによる時間遅延によって大幅に測位精度が劣化してしまう.本稿では,位置推定に粒子フィルタを利用することで,マルチパスやシャドウイングといった劣悪な通信路の影響を軽減するアルゴリズムを提案する.有限個の粒子によってセンサータグの状態を模倣することで,時変の通信路においても信号の伝搬遅延を補償することが可能となる.計算機シミュレーションにより,従来方式に比べ高精度でロバストな位置推定が実現できることを示す. 
(英) For various kinds of applications in sensor network, the positional information of each sensor node is essential. In order to know the exact position of each node, the location estimation method using TDOA (Time Difference of Arrival) information is often considered. Some conventional linear search algorithms used for TDOA-based estimation, however, are easily degraded due to serious time delay of received signal caused by multipath effect. In this paper, some novel techniques which apply particle filter for location estimation are proposed. In the proposed method, finite particles imitate the state of unknown sensor node to estimate its location even in serious environment including multipath and shadowing. Some computer simulations and mathematical analyses show the proposed technique can achieve robust and precise estimation compared with conventional systems.
キーワード (和) ポジショニング / TDOA / 粒子フィルタ / センサネットワーク / / / /  
(英) positioning / TDOA / particle filter / sensor network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 623, RCS2005-227, pp. 295-300, 2006年3月.
資料番号 RCS2005-227 
発行日 2006-02-22 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 粒子フィルタを利用したTDOA型室内位置推定に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Indoor Positioning via TDOA measurements Using Particle Filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ポジショニング / positioning  
キーワード(2)(和/英) TDOA / TDOA  
キーワード(3)(和/英) 粒子フィルタ / particle filter  
キーワード(4)(和/英) センサネットワーク / sensor network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 健太郎 / Kentaro Taniguchi / タニグチ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 隆二 / Ryuji Kohno / コウノ リュウジ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-03 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-227 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.623 
ページ範囲 pp.295-300 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会