電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-03 12:30
携帯端末で取得されたライフログの連想検索に関する一検討
本庄 勝森川大補西山 智大橋正良KDDI
抄録 (和) 本稿では, 携帯端末で取得されるユーザのライフログを一元的に管理し, 行動分析, 自己管理, 視覚化, コミュニティ形成支援を行うLife-Pod システムの概要, およびライフログの連想検索方式についての報告を行う. ライフログは携帯端末のセンサデバイスおよび周辺のセンサネットワークより認識され, プロファイルとして情報がセマンティック記述により管理される. Life-Pod システムの自己管理機能においては, あるライフログに対し, ユーザのこれまで履歴の中から関連性の高いライフログを効率的に検索し, ユーザへの振り返りをサポートする. 本稿では特に,本機能の中で蓄積されたライフログを連想的に検索することを実現するために, ライフログのもつプロファイルに対する語彙空間(オントロジー) を構築し, その語彙空間における距離によりライフログの連想度を算出する方式について検討を行う. 
(英) In this paper, we presents the concept of Life-Pod system which manages user’s daily lifelog recognized by sensing devices equipped with mobile terminal or sensor network on the environment, and proposes the method
of associative search of the lifelog. Life-Pod system produces several services such lifelog analysys, self-management, lifelog visualization, service recommendation, community support, and so on. At the self-management, the system supports the looking back on old user’s dailylife. In this paper, aiming at associative search of the lifelog, we discuss the method of associative search in which the system calculates the distance of the lifelog based on the metrics on the ontology domain of its profile.
キーワード (和) ライフログ / Life-Pod システム / 連想検索 / / / / /  
(英) lifelog / life-pod system / associative search / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 628, IN2005-232, pp. 447-452, 2006年3月.
資料番号 IN2005-232 
発行日 2006-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2006-03-02 - 2006-03-03 
開催地(和) リザンシーパークホテル谷茶ベイ(沖縄) 
開催地(英) Rizzan Sea-Park Hotel Tancha-Bay (Okinawa) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2006-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 携帯端末で取得されたライフログの連想検索に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Associative Search of Lifelog Generated on the Mobile Terminal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ライフログ / lifelog  
キーワード(2)(和/英) Life-Pod システム / life-pod system  
キーワード(3)(和/英) 連想検索 / associative search  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本庄 勝 / Masaru Honjo / ホンジョウ マサル
第1著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Co. (略称: KDDI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森川 大補 / Daisuke Morikawa / モリカワ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Co. (略称: KDDI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西山 智 / Satoshi Nishiyama / ニシヤマ サトシ
第3著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Co. (略称: KDDI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 正良 / Masayoshi Ohashi / オオハシ マサヨシ
第4著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Co. (略称: KDDI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-03 12:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2005-232 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.628 
ページ範囲 pp.447-452 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2006-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会