お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-03 14:40
チップ部品を用いたマイクロ波帯回路設計高精度化の一検討
荻野剛士横山直人太陽誘電)・和田光司電通大エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2005-184
抄録 (和) 近年,部品メーカ各社でチップ部品のSパラメータを提供しており,回路設計者がSパラメータを実測して等価回路を導出する必要が少なくなった.しかし,提供されているデータは部品単体のSパラメータであるため,マイクロ波帯では寄生成分の影響を考慮しなければ実測値と一致しない.この課題を解決する手法としてここでは,高精度なチップ部品のSパラメータを用いたランドパターン等の影響を考慮したマイクロ波帯回路の設計法を提案する.ランドパターンによる寄生容量成分,チップ部品からViaまでの寄生インダクタンス成分が周波数特性に影響を与えていることを示し,これら寄生成分の影響を含めた設計方法と試作結果について述べる. 
(英) Both parasitic capacitance of land patterns and parasitic inductance of GND patterns significantly affect frequency properties. Therefore, simulation data, which is obtained using only S-parameter provided by manufacturers, does not match actual measurements. To approach the issue, this paper proposes a design method of high-accuracy microwave circuit having chip components. As it has been verified by experiment and simulation, the method enables to incorporate the effects of both parasitic components of land patterns and GND patterns.
キーワード (和) チップ部品 / ランドパターン / 帯域通過フィルタ / / / / /  
(英) Chip Component / Land Pattern / Bandpass Filter / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 626, MW2005-184, pp. 33-38, 2006年3月.
資料番号 MW2005-184 
発行日 2006-02-24 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2005-184

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) チップ部品を用いたマイクロ波帯回路設計高精度化の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-accuracy circuit design using chip components in microwave 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) チップ部品 / Chip Component  
キーワード(2)(和/英) ランドパターン / Land Pattern  
キーワード(3)(和/英) 帯域通過フィルタ / Bandpass Filter  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻野 剛士 / Tsuyoshi Ogino /
第1著者 所属(和/英) 太陽誘電 (略称: 太陽誘電)
TAIYO YUDEN (略称: TAIYO YUDEN)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 直人 / Naoto Yokoyama /
第2著者 所属(和/英) 太陽誘電 (略称: 太陽誘電)
TAIYO YUDEN (略称: TAIYO YUDEN)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 光司 / Koji Wada /
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-03 14:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2005-184 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.626 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2006-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会