お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-03 15:20
トレリス符号連接によるカオス符号化変調方式の復号計算量削減に関する検討
岡本英二岩波保則名工大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 無線通信において通信の秘匿性が高まり,かつ伝送品質を向上させることのできる手法の一つにカオス符号化変調方式がある.これはカオス通信の畳込み特性を符号化利得獲得のために用いる手法で,受信側で系列推定を行うことで大きな利得を得ることができるが,低SNR時に復号計算量が高くなるという問題点があった.そこで本稿ではこの手法につき,トレリス符号を連接させることで伝送特性を劣化させることなく計算量の低減を図ることができる方法について検討を行った. 
(英) In this report, to achieve a secure and high-performance transmission, we propose a chaotic modulation scheme concatenated by the Trellis code. The coding gain is obtained by the combination of trellis and chaotic convolutions and an adaptive decoding algorithm is used for this coded modulation. Simulation results show that the decoding scheme has a tradeoff between the performance and the decoding complexity, and that the complexity reduction is obtained by the trellis concatenation.
キーワード (和) カオス符号化変調 / 適応的復号 / トレリス符号 / 連接符号 / / / /  
(英) Chaotic coded modulation / Adaptive decoding / Trellis code / Concatenated code / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 623, RCS2005-216, pp. 229-234, 2006年3月.
資料番号 RCS2005-216 
発行日 2006-02-22 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トレリス符号連接によるカオス符号化変調方式の復号計算量削減に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Calculation Reduction for Decoding of Chaotic Coded Modulation Cascaded by Trellis Code 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス符号化変調 / Chaotic coded modulation  
キーワード(2)(和/英) 適応的復号 / Adaptive decoding  
キーワード(3)(和/英) トレリス符号 / Trellis code  
キーワード(4)(和/英) 連接符号 / Concatenated code  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩波 保則 / Yasunori Iwanami / イワナミ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-03 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-216 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.623 
ページ範囲 pp.229-234 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会