お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-03 14:00
並列化FET共振器を用いたミリ波高耐電力MMICスイッチ
半谷政毅西野 有宮口賢一檜枝護重遠藤邦浩宮崎守泰三菱電機エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2005-183
抄録 (和) ミリ波帯において,低損失・高耐電力な特性を有するMMICスイッチを開発した.我々は,ピンチオフ状態におけるFETの並列抵抗値がゲート幅のほぼ2乗に反比例することを実験的に明らかにした.その関係を用いると,ゲート幅の小さいFET共振器を並列化することで,FETの総ゲート幅,共振周波数を変えることなくQ値の高いFET共振器を実現することができる.FET共振器を用いたスイッチの耐電力はFETの総ゲート幅で決まるので,必要な総ゲート幅を有する並列化FET共振器をスイッチに適用すると,高い耐電力を維持したまま低損失な特性を実現することができる.並列化共振器を用いたMMICスイッチを試作し,32GHzにおいて通過損失2.86dB,アイソレーション37dB,耐電力33dBmの良好な特性が得られ,本回路の有用性が確認できた. 
(英) A millimeter-wave low-loss and high-power terminated switch MMIC is developed. Our invented switch is designed based on a non-linear relationship between the parallel resistance of an FET and its gate width. Our measurements of the parallel resistance with different gate width have revealed that the resistance is inverse proportion to a square of the gate width. By using this relationship, we have found the fact that the multiple FET resonators with smaller gate width and high inductance element realize high-Q performance for the same resonant frequency. Since the power handling capability is determined by the total gate width, our switch circuit could reduce its insertion loss, keeping the high-power performance. To verify this methodology, we fabricated a switch MMIC. The MMIC had insertion loss of 2.86dB, isolation of 37dB at less than 33dBm of the input-power.
キーワード (和) スイッチ / 低損失 / 高耐電力 / ミリ波 / FET / 共振器 / MMIC /  
(英) switch / low loss / high power / millimeter wave / FET / resonator / MMIC /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 626, MW2005-183, pp. 29-32, 2006年3月.
資料番号 MW2005-183 
発行日 2006-02-24 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2005-183

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 並列化FET共振器を用いたミリ波高耐電力MMICスイッチ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スイッチ / switch  
キーワード(2)(和/英) 低損失 / low loss  
キーワード(3)(和/英) 高耐電力 / high power  
キーワード(4)(和/英) ミリ波 / millimeter wave  
キーワード(5)(和/英) FET / FET  
キーワード(6)(和/英) 共振器 / resonator  
キーワード(7)(和/英) MMIC / MMIC  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 半谷 政毅 / Masatake Hangai / - -
第1著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 有 / Tamotsu Nishino / - -
第2著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮口 賢一 / Kenichi Miyaguchi / - -
第3著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 檜枝 護重 / Morishige Hieda / - -
第4著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 邦浩 / Kunihiro Endo / - -
第5著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 守泰 / Moriyasu Miyazaki / - -
第6著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-03 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2005-183 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.626 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MW-2006-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会