お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-02 10:00
電磁環境と通信環境の両立を考慮したマルチホップ無線ネットワークにおける伝送特性に関する一検討
田村尚志宮本伸一三瓶政一阪大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) ユビキタスネットワーク社会の実現に向けて,プライベート空間に遍在する多数の機器に無線通信機能が装備され,これらの無線通信機能を装備した機器を接続するワイヤレスネットワークの構築が期待されている.多数の無線ノードを相互接続して構築されるプライベートワイヤレスネットワークは,伝搬路の変動や無線ノードの再配置など,動的に変動する通信環境に応じて柔軟に構築される必要があり,そのために様々な研究開発が行われている.ユビキタスネットワーク社会において,遍在する多数の無線ノードから電波が無秩序に放射された場合,プライベート空間における電磁環境は,混沌とした状況に陥るものと予想される.その一方で,プライベート空間における通信環境は,遍在する多数の無線ノードが利用されるため,様々な種類の情報伝送に対して適している必要があるものと考えられる.そこで,本稿では,プライベート空間における電磁環境と通信環境の両立を目指したプライベートワイヤレスネットワークをマルチホップ無線ネットワークを導入することにより構築し,プライベート空間における電磁環境ならびにプライベートワイヤレスネットワークの伝送特性について検討を行う. 
(英) In coming ubiquitous network society, a lot of equipments with wireless communications function (wireless nodes) will be omnipresent to a private space. And, it is expected to construct the wireless network flexibly which many wireless nodes connect with each other according to the change of the communications environment (the propagation path, amount of information and etc.). The electromagnetic environment in a private space will be in a chaotic situation, because of the radio signal radiated from many wireless nodes. On the other hand, communications environment in a private space should be adaptive for various information transmissions. Then, it will be required to investigate about the compatibility between the electromagnetic environment and communications environment in the private wireless network. In this paper, we focus on the private wireless network using the multi-hop wireless network technology, and investigate the trade-off between the electromagnetic environment in a private space and the transmission performance of the private wireless network.
キーワード (和) 電磁環境と通信環境の両立 / マルチホップ無線ネットワーク / 電界強度 / 伝送特性 / / / /  
(英) Compatibility between electromagnetic environment and communications environment / Multi-Hop wireless network / Electric field strength / Performance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 623, RCS2005-210, pp. 193-198, 2006年3月.
資料番号 RCS2005-210 
発行日 2006-02-22 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電磁環境と通信環境の両立を考慮したマルチホップ無線ネットワークにおける伝送特性に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the Performance of Multi-hop Wireless Network Considering the Compatibility between Electromagnetic Environment and Communications Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電磁環境と通信環境の両立 / Compatibility between electromagnetic environment and communications environment  
キーワード(2)(和/英) マルチホップ無線ネットワーク / Multi-Hop wireless network  
キーワード(3)(和/英) 電界強度 / Electric field strength  
キーワード(4)(和/英) 伝送特性 / Performance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 尚志 / Takashi Tamura / タムラ タカシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 伸一 / Shinichi Miyamoto / ミヤモト シンイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei / サンペイ セイイチ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-02 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-210 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.623 
ページ範囲 pp.193-198 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会