お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-02 09:50
[招待講演]UWBにおける干渉検出・回避(DAA)技術 ~ 周波数有効利用技術の確立のための課題 ~
山口博久日本テキサス・インスツルメンツ)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) DAAの目的と性能を概観する。被干渉システム信号の検出とそれを保護するための干渉抑圧の両面から議論を行う。干渉抑圧のためのスペクトラムノッチの深さと被干渉システムの性能との関係をシミュレーション結果により考察する。 
(英) Aim and performance of DAA is overviewed. Both detection and mitigation are discussed. Simulation result is shown to demonstrate the relationship between the mitigation notch depth and the interference to a victim system.
キーワード (和) UWB / 干渉 / 共用 / 検出 / 干渉抑圧 / / /  
(英) UWB / interference / coexistence / detection / avoidance / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 621, WBS2005-76, pp. 11-18, 2006年3月.
資料番号 WBS2005-76 
発行日 2006-02-23 (WBS, SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) UWBにおける干渉検出・回避(DAA)技術 
サブタイトル(和) 周波数有効利用技術の確立のための課題 
タイトル(英) Detection-and-Avoidance(DAA) Technology for UWB 
サブタイトル(英) Challenges to share the frequency resource 
キーワード(1)(和/英) UWB / UWB  
キーワード(2)(和/英) 干渉 / interference  
キーワード(3)(和/英) 共用 / coexistence  
キーワード(4)(和/英) 検出 / detection  
キーワード(5)(和/英) 干渉抑圧 / avoidance  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 博久 / Hirohisa Yamaguchi / ヤマグチ ヒロヒサ
第1著者 所属(和/英) 日本テキサス・インスツルメンツ (略称: 日本テキサス・インスツルメンツ)
Texas Instruments Japan (略称: Texas Instruments Japan)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-02 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2005-76,IEICE-SR2005-68 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.621(WBS), no.625(SR) 
ページ範囲 pp.11-18 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-WBS-2006-02-23,IEICE-SR-2006-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会