お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-02 11:40
サブキャリア選択MC-CDMA(SCS-MC-CDMA)方式におけるピーク電力低減法
末田康一長手厚史舛井淳祥藤井輝也BBモバイル/日本テレコム)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 第4世代移動通信システムの候補として、時間領域で拡散するサブキャリア選択(SCS)MC-CDMAシステムの検討が行われている。マルチキャリア伝送では一般に、送信信号のピーク電力が高い値となり、電力増幅器の効率が低下するため、その低減方法が不可欠である。例えばOFDMシステムでは、送信信号をシンボル毎に線形圧縮しピーク電力を低減するBlock Scaling法が提案されている。一方、我々は時間軸拡散に着目し、線形圧縮をチップ単位で行う手法(Chip Scaling法)を提案している。本方法はシンボル全体でみれば信号電力の低下となるため、誤り率特性が劣化する。本稿では、圧縮して低減した電力をピーク電力の低い他のチップに再配分することで受信特性を向上させる手法を提案する。 
(英) The study of the Subcarrier Selecting(SCS)MC-CDMA systems spreading in time domain is performed as a candidate of the 4th generation mobile communications system. Since the peak power of a transmitted signal generally obtains a high value in multi-carrier transmission and the efficiency of a power amplifier falls, the reduction method is indispensable. For example, the Block Scaling method reducing the peak power per symbol has already been proposed. In the meantime, we propose the Chip Scaling method reducing the peak power per chip by paying attention to the time-axis spreading. However, even in the method the signal power falls compared to the original signal and the error rate characteristic changes for the worse. In this paper, we propose a technique raising the BER characteristic by re-distributing the reduced power to other chips with low peak power.
キーワード (和) 移動通信システム / MC-CDMA / ピーク電力 / / / / /  
(英) Mobile Communication Systems / MC-CDMA / Peak Power / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 623, RCS2005-206, pp. 169-173, 2006年3月.
資料番号 RCS2005-206 
発行日 2006-02-22 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サブキャリア選択MC-CDMA(SCS-MC-CDMA)方式におけるピーク電力低減法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Peak Power Reduction in Sub-Carrier Selecting (SCS) MC-CDMA Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動通信システム / Mobile Communication Systems  
キーワード(2)(和/英) MC-CDMA / MC-CDMA  
キーワード(3)(和/英) ピーク電力 / Peak Power  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 末田 康一 / Koichi Sueda / スエダ コウイチ
第1著者 所属(和/英) BBモバイル(株) (略称: BBモバイル/日本テレコム)
BB Mobile (略称: BB Mobile)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長手 厚史 / Atsushi Nagate / ナガテ アツシ
第2著者 所属(和/英) BBモバイル(株) (略称: BBモバイル/日本テレコム)
BB Mobile (略称: BB Mobile)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 舛井 淳祥 / Hiroyoshi Masui / マスイ ヒロヨシ
第3著者 所属(和/英) BBモバイル(株) (略称: BBモバイル/日本テレコム)
BB Mobile (略称: BB Mobile)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 輝也 / Teruya Fujii / フジイ テルヤ
第4著者 所属(和/英) BBモバイル(株) (略称: BBモバイル/日本テレコム)
BB Mobile (略称: BB Mobile)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-02 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-206 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.623 
ページ範囲 pp.169-173 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2006-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会