お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-02 11:20
無線LAN でのMake-Before-Breakハンドオーバーの他方式比較とフィールド実証
平原正樹NICT)・森岡仁志真野 浩ルート)・太田昌孝東工大)・大森幹之筑紫女学園大)・長谷川幹雄井上真杉NICT)・王 載旭東大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) Make-Before-Break ハンドオーバーは,IETF で提案されている方式に比べ,追加の遅延なしにパケット損失を無くすことができる上に,ネットワークに複雑な機構を導入せずに済む.Make-Before-Break ハンドオーバーを無線LAN で実現し,それを横須賀リサーチパーク周回道路上に設置した 11台の基地局からなるテストベッドに展開し,パケット損失のないハンドオーバーを実証したので報告する. 
(英) Make-Before-Break Handover eliminates packet losses during handover without additional delays that are imposed by methods proposed in IETF. We implemented Make-Before-Break Handover on Wireless LAN, built a testbed with 11 access points along a loop street in Yokosuka Research Park, and conducted a field trial in the testbed. This paper reports its successful results that demonstrate no packet-loss handover by our method.
キーワード (和) 無線LAN / ハンドオーバー / Mobile IP / / / / /  
(英) Wireless LAN / Handover / Mobile IP / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, 2006年3月.
資料番号  
発行日 2006-02-23 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LAN でのMake-Before-Breakハンドオーバーの他方式比較とフィールド実証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison and Field Trial of Make-Before-Break Handover on Wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) ハンドオーバー / Handover  
キーワード(3)(和/英) Mobile IP / Mobile IP  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平原 正樹 / Masaki Hirabaru / ヒラバル マサキ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森岡 仁志 / Hitoshi Morioka / モリオカ ヒトシ
第2著者 所属(和/英) ルート株式会社 (略称: ルート)
ROOT, Inc. (略称: ROOT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 真野 浩 / Hiroshi Mano / マノ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) ルート株式会社 (略称: ルート)
ROOT, Inc. (略称: ROOT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 昌孝 / Masataka Ohta / オオタ マサタカ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大森 幹之 / Motoyuki Ohmori / オオモリ モトユキ
第5著者 所属(和/英) 筑紫女学園大学 (略称: 筑紫女学園大)
Chikushi Jogakuen University (略称: Chikujo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 幹雄 / Mikio Hasegawa / ハセガワ ミキオ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 真杉 / Masugi Inoue / イノウエ マスギ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 載旭 / Jaeouk Ok / オク ゼウク
第8著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: UT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-02 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2005-86 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.624 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MoMuC-2006-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会