お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-01 10:40
等価定理を用いた準遠方電磁界の推定
中田裕章本島邦行群馬大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 本論では,有限差分時間領域法(FDTD法 )と近傍電磁界データから準遠方界を推定する手法を提案し評価した.
本手法では,等価定理を用いて仮想電磁流源を波源とし,ベクトルポテンシャルを考え,グリーン関数を適用して数値計算式を導出した.
FDTD法で計算した近傍電磁界データを仮想電磁流源として数値計算を行い,FDTD法で直接計算した準遠方電磁界と比較し,本手法の正当性を評価した. 
(英) In this paper, a new method for quasi-far field estimation from near-field data is proposed.
Equivalence electromagnetic currents are assumed as wave sources by using the equivalence theorem.
And they are applied to vector potential and Green's function for obtaining the quasi-far field.
The formulas are derived for numerical calculation.
In order to verify this method, it is compared with the results by using the FDTD (Finite Difference Time Domain) method in all over the calculating space.
Applying this method to measurement of the electro magnetic immunity, the measurements data under CISPR regulation can be predicted without large computation time.
キーワード (和) FDTD法 / 等価定理 / 近傍電磁界 / 準遠方電磁界 / / / /  
(英) FDTD Method / Equivalence Theorem / Near Field / Quasi-far Field / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 622, AP2005-176, pp. 25-30, 2006年3月.
資料番号 AP2005-176 
発行日 2006-02-22 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 等価定理を用いた準遠方電磁界の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quasi-far Field Estimation by Using Equivalence Theorem 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDTD法 / FDTD Method  
キーワード(2)(和/英) 等価定理 / Equivalence Theorem  
キーワード(3)(和/英) 近傍電磁界 / Near Field  
キーワード(4)(和/英) 準遠方電磁界 / Quasi-far Field  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 裕章 / Hiroaki Nakada / ナカダ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本島 邦行 / Kuniyuki Motojima / モトジマ クニユキ
第2著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-01 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2005-176 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.622 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2006-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会