お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-01 15:40
SDMAシステムにおける端末アダプティブアレーアンテナによるモビリティ改善効果の検証
沖野健太山崎智春加藤正則童 方偉須永 徹木村 滋京セラ)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 同一チャネルにおいて複数の端末と同時に通信することを可能にする空間分割多元接続(SDMA)方式は,周波数利用効率を向上させる方法として非常に期待されている.しかしながら,時分割複信(TDD)システムにおける伝搬路の可逆性を利用して,上り回線で生成したアレー重みを下り回線の信号に適用する場合,端末の移動速度が速くなると,特に下り回線の通信品質が劣化してしまう.われわれは,SDMAシステムにおけるモビリティを改善するために,ワイヤレスブロードバンドシステムであるiBurstにおいて,2素子アダプティブアレーアンテナ(AAA)を搭載した端末用評価装置を開発し,実環境において評価した.本稿では,iBurst実験局(2GHz帯)における試験を行い,SDMAシステムにおいて端末AAAがモビリティ改善に有効であることを検証したので報告する. 
(英) Space Division Multiple Access (SDMA) technology is getting increased interest due to its capability to improve system capacity by enabling multiple users to simultaneously communicate at the same frequency channel. For a Time Division Duplex (TDD) system, SDMA can be achieved by applying array weights calculated based on uplink signal to downlink signal due to the reversibility of TDD channel. However, when the mobile station (MS) moves fast, transmission performance of downlink degrades since the reversibility of TDD channel can no longer strictly satisfied in a fast mobile environment. In order to improve the mobility of SDMA under mobile environment, an evaluation terminal device employing 2-element Adaptive Antenna Array (AAA) for iBurst wireless broadband system is developed, and evaluated by field experiments carried out in the iBurst experiment base station environment. In this paper, we show that AAA applied to MS is effective in improving mobility performance even for a SDMA system.
キーワード (和) SDMA / モビリティ / アダプティブアレー / iBurst / / / /  
(英) SDMA / mobility / adaptive array / iBurst / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 622, AP2005-183, pp. 65-68, 2006年3月.
資料番号 AP2005-183 
発行日 2006-02-22 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SDMAシステムにおける端末アダプティブアレーアンテナによるモビリティ改善効果の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mobility Improvement Effects of Adaptive Antenna Array applied to Mobile Station in SDMA system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SDMA / SDMA  
キーワード(2)(和/英) モビリティ / mobility  
キーワード(3)(和/英) アダプティブアレー / adaptive array  
キーワード(4)(和/英) iBurst / iBurst  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 沖野 健太 / Kenta Okino / オキノ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 京セラ横浜R&Dセンター (略称: 京セラ)
Yokohama R&D Center, Kyocera Corporation (略称: Kyocera)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 智春 / Chiharu Yamazaki / ヤマザキ チハル
第2著者 所属(和/英) 京セラ横浜R&Dセンター (略称: 京セラ)
Yokohama R&D Center, Kyocera Corporation (略称: Kyocera)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 正則 / Masanori Kato / カトウ マサノリ
第3著者 所属(和/英) 京セラ横浜R&Dセンター (略称: 京セラ)
Yokohama R&D Center, Kyocera Corporation (略称: Kyocera)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 童 方偉 / Fangwei Tong / ドウ ホウイ
第4著者 所属(和/英) 京セラ横浜R&Dセンター (略称: 京セラ)
Yokohama R&D Center, Kyocera Corporation (略称: Kyocera)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 須永 徹 / Tohru Sunaga / スナガ トオル
第5著者 所属(和/英) 京セラ横浜R&Dセンター (略称: 京セラ)
Yokohama R&D Center, Kyocera Corporation (略称: Kyocera)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 滋 / Shigeru Kimura / キムラ シゲル
第6著者 所属(和/英) 京セラ横浜R&Dセンター (略称: 京セラ)
Yokohama R&D Center, Kyocera Corporation (略称: Kyocera)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-01 15:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2005-183 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.622 
ページ範囲 pp.65-68 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2006-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会