お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-01 09:40
ターボ等化におけるブロック符号の適用に関する一検討
松岡克宏岡本英二岩波保則名工大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 携帯電話を初めとする移動体通信においては,マルチパスフェージングが深刻な問題である一方で,高速,大容量の通信が求められている.そこで本論文ではこれらの問題を解決するために,優れた等化能力を有するターボ等化器と,比較的伝送レートを高く設定することが可能であるBCM(Block Coded Modulation)を合わせたBCMターボ等化を提案し,その構成,伝送特性について検討を行った.また,LDPC(Low Density Parity Check)符号を用いたターボ等化の誤り率特性の改善について検討した.LDPC符号はシャノン限界に近い誤り訂正能力を持ち,符号化率も柔軟に設定できるため近年注目を集めているが,従来ターボ等化に適用した場合の特性は未だ不十分である.そこで,特性向上のためSC/MMSE(Soft Canceling MMSE)等化器を用い,相互に情報をやり取りすることで特性を改善する手法について提案を行った.そして提案手法について,計算機シミュレーションでその特性を評価した. 
(英) In mobile communications, the signal quality is often degraded due to multipath fading. However, a demand for a high-data-rate and a large capacity is growing even in the mobile communication. In this paper, to achieve the higher data-rate mobile communication, we propose a turbo equalization with multilevel block-coded modulation (BCM). The turbo equalization has an excellent ability of equalization and the BCM can comparatively make the transmission rate high and the calculation cost low. We combine these techniques and investigate the transmission characteristics. And then, we investigate an improvement of BER performance of a turbo equalization using LDPC code. In order to raise the convergence property of the turbo equalization using LDPC code, we apply SC/MMSE (Soft Cancelling with MMSE), and the BER performance is improved by exchanging information by an ISI equalizer and SC/MMSE.
キーワード (和) ターボ等化 / BCM / LDPC符号 / SC/MMSE / SOVA / LLR / トレリス /  
(英) Turbo equalization / BCM / LDPC code / SC/MMSE / SOVA / LLR / Trellis /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 623, RCS2005-180, pp. 13-18, 2006年3月.
資料番号 RCS2005-180 
発行日 2006-02-22 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ターボ等化におけるブロック符号の適用に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An application of block codes to turbo equalization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ターボ等化 / Turbo equalization  
キーワード(2)(和/英) BCM / BCM  
キーワード(3)(和/英) LDPC符号 / LDPC code  
キーワード(4)(和/英) SC/MMSE / SC/MMSE  
キーワード(5)(和/英) SOVA / SOVA  
キーワード(6)(和/英) LLR / LLR  
キーワード(7)(和/英) トレリス / Trellis  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 克宏 / Katsuhiro Matsuoka / マツオカ カツヒロ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩波 保則 / Yasunori Iwanami / イワナミ ヤスノリ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-01 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-180 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.623 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会