お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-01 11:40
高速フェージングチャネルにおけるFFT等化器の特性改善法
藤村勇樹田野 哲森広芳照京大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) シングルキャリア伝送のための適応等化器として,サイクリックプレフィックスによる周波数領域等化(以下,FFT等化)器は簡易なハードウェア構成で実現できるため有効である.FFT等化では,被等化区間であるFFTブロック内におけるチャネルインパルス応答の定常性が前提となる.しかし,高速フェージングチャネルではFFTブロック内においてチャネルインパルス応答が変動し,定常性が保たれないため特性が劣化する.本報告では,伝送路変動への対処としてMMSE基準等化のための雑音電力推定法を提案し,その特性を計算機シミュレーションによって評価する. 
(英) Frequency domain equalization for single carrier transmission systems has drawn much interest because it achieves superior performance even in severe
multipath fading channels with the assist of cyclic prefix (CP), which is
attached at the top and tail of an FFT(Fast Fourier Transform) frame. However, the frequency domain equalizer can not keep the performance unless channel impulse response is regarded constant during the FFT frame. In other words, performance of the equalizer degrades due to fast fading channels. This means the additional noise at the output of the equalizer is generated by fast fading, equivalently. Therefore, MMSE(Minimum Mean Square Error) channel estimation is desired to take the noise into account in order to resist the performance degradation. This paper proposes an MMSE channel estimation scheme based on an iterative noise estimation scheme which is able to estimate the additional noise and the additive Gaussian noise.
キーワード (和) 周波数領域等化 / 高速フェージング / シングルキャリア / サイクリックプレフィックス / / / /  
(英) Frequency Domain Equalization / Fast Fading / Single Carrier / Cyclic Prefix / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 623, RCS2005-185, pp. 43-48, 2006年3月.
資料番号 RCS2005-185 
発行日 2006-02-22 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速フェージングチャネルにおけるFFT等化器の特性改善法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interative Noise Power Estimation of an FFT-Equalizer in Fast Fading Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周波数領域等化 / Frequency Domain Equalization  
キーワード(2)(和/英) 高速フェージング / Fast Fading  
キーワード(3)(和/英) シングルキャリア / Single Carrier  
キーワード(4)(和/英) サイクリックプレフィックス / Cyclic Prefix  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤村 勇樹 / Yuki Fujimura / フジムラ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田野 哲 / Satoshi Denno / デンノ サトシ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森広 芳照 / Yoshiteru Morihiro / モリヒロ ヨシテル
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-01 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-185 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.623 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会