お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-03-01 16:40
MIMO方式無線LANシステムを利用した位置推定法に関する検討
山根正大尾保手茂樹鹿子嶋憲一茨城大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 屋内用の位置情報推定システムとして,無線LANにTDOA法を利用したものがある.複数のアンテナを用いて信号の送受信を行うMIMOを採用した無線LANシステムを利用して,より少ない装置規模で位置推定を実現する位置推定法について述べる.MIMOでは送信側から同時に複数の情報が伝送されるため,受信側に届いた時には複数の送信情報が混ざった状態になる.そこで受信側で信号処理を行い,所望波の強調や不要な干渉波の除去を行う.LOS環境におけるMIMO-SDMでは,受信機の指向性は所望波の方向にビームが向き,干渉波に対してはヌルを向けるようになる.これを利用すれば,複数のMIMO無線LAN基地局を用いて端末の位置推定を行うことができると考えられる.このMIMO方式無線LANシステムを利用した位置推定法について,屋内を想定したマルチパス環境下での位置推定誤差特性を明らかにする. 
(英) In this paper, we propose a location method utilizing MIMO wireless LAN system. In our method, we estimate Direction Of Arrival (DOA) of a transmitted signal using array antennas of MIMO wireless LAN access points and determine the location by this DOA information. This method can achieve location of wireless LAN terminal with smaller number of access points in comparison to the previously proposed method. We show a estimation accuracy of the proposed method under the multipath environment.
キーワード (和) 位置推定 / MIMO / 無線LAN / MUSIC / / / /  
(英) location method / MIMO / wireless LAN / MUSIC / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 622, AP2005-185, pp. 75-80, 2006年3月.
資料番号 AP2005-185 
発行日 2006-02-22 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS AP WBS SR MW MoNA  
開催期間 2006-03-01 - 2006-03-03 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2006-03-RCS-AP-WBS-SR-MW-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMO方式無線LANシステムを利用した位置推定法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on location method utilizing MIMO wireless LAN system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位置推定 / location method  
キーワード(2)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(3)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(4)(和/英) MUSIC / MUSIC  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山根 正大 / Masahiro Yamane / ヤマネ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾保手 茂樹 / Shigeki Obote / オボテ シゲキ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿子嶋 憲一 / Kenichi Kagoshima / カゴシマ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-03-01 16:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2005-185 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.622 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2006-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会