お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-02-24 15:00
ストローク単位の確率文脈自由文法を用いたオンライン手書き数式認識
山本 遼酒向慎司西本卓也嵯峨山茂樹東大
抄録 (和) 本論文ではオンライン手書き数式認識のための新しい手法を提案する.我々は,手書き数式を,ストローク列を生成する確率文脈自由文法としてモデル化し,数式の文法構造と2 次元構造,シンボル内の構造を全て1 つの文法で統一的に記述する手法を提案する.この手法によりシンボル認識・構造認識・数式文法解析といった独立の認識ステップを経ずに,これらの情報を同時に利用して数式認識を行うことができ,頑健な数式認識が期待できる.
また数式の2 次元構造モデルとして,さまざまな形状の非終端記号を統一的に扱うために,隠れ筆記領域という概念を提案し,これを用いて「シンボル形状に依存しない位置」をモデル化する.このモデルはデータからのパラメタ学習が可能であるため,十分な学習データが存在すれば頑健なモデルとなる期待がある.
同一筆者が入力した,学術論文における中程度複雑さの8 種80 数式による評価実験の結果,数式のシンボル・構造の同時推定によってシンボル分割・認識精度が向上することが確かめられた. 
(英) In this paper, we propose a new framework for on-line handwriting mathematical expression recognition.In this approach, we see handwriting mathematical expression as a stroke generation process with grammar. We do not solve 3 major problem in mathematical expression recognition one by one: symbol segmentation/recognition, 2-D structure analysis, and math syntax analysis, rather we estimate the most likely expression candidate derivedfrom a stroke-based stochastic context-free grammar. Experiments of on-line handwriting mathematical expression recognition with 8 math expressions extracted from IEEE transactions, each of them written 10 times by one writer revealed that symbol segmentation error rate and symbol recognition error rate decline with simultaneous estimation of symbol, 2-D structure, and syntax of mathematical expressions.
キーワード (和) 数式認識 / 文字認識 / オンライン / 手書き / 確率モデル / 確率文脈自由文法 / /  
(英) Mathematical Expression Recognition / Character Recognition / On-line / Handwriting / Stochastic Model / Stochastic Context-Free Grammar / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 615, PRMU2005-221, pp. 111-116, 2006年2月.
資料番号 PRMU2005-221 
発行日 2006-02-17 (TL, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PRMU TL  
開催期間 2006-02-23 - 2006-02-24 
開催地(和) 産業技術総合研究所(筑波) 
開催地(英)  
テーマ(和) 文字認識・文書理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2006-02-PRMU-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ストローク単位の確率文脈自由文法を用いたオンライン手書き数式認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Stroke-Based Stochastic Context-Free Grammar for On-line Handwritten Mathematical Expression Recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 数式認識 / Mathematical Expression Recognition  
キーワード(2)(和/英) 文字認識 / Character Recognition  
キーワード(3)(和/英) オンライン / On-line  
キーワード(4)(和/英) 手書き / Handwriting  
キーワード(5)(和/英) 確率モデル / Stochastic Model  
キーワード(6)(和/英) 確率文脈自由文法 / Stochastic Context-Free Grammar  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 遼 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒向 慎司 / Shinji Sako / サコウ シンジ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西本 卓也 / Takuya Nishimoto / ニシモト タクヤ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 嵯峨山 茂樹 / Shigeki Sagayama / サガヤマシゲキ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-02-24 15:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-TL2005-86,IEICE-PRMU2005-221 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.613(TL), no.615(PRMU) 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2006-02-17,IEICE-PRMU-2006-02-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会