電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-02-24 16:30
癒し系ロボットPDDIN2005 ~ 状況と対話者感情を考慮した発話と行動 ~
小澤朋之東京工科大)・原田俊信日本工学院八王子専門学校)・山口和仁佐々木洋輔高井伸輔小幡琢磨亀田弘之東京工科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年、ロボットによる癒し(すなわち、ロボットセラピー)が注目されている。このような観点から、筆者らも癒し効果を持つロボット「PDDIN(プディン)」の研究・開発を行なっている。本稿では、PDDINの癒し効果の向上およびコミュニケーション能力の高度化を目的として新たに考案した機能について報告する。具体的には、「ごきげん」「あいじょう」の二つのパラメータによって感情を表出する手法を提案・実装した。また、外部状況取得機能と対話者感情推測機能を実装し、PDDINが状況と対話者感情をともに考慮して発話や行動を行えるようにした。さらにPDDINの外観を変更して、PDDIN2005と命名した。評価実験の結果、ロボット(PDDIN2005)がより豊かな感情表現を持ち、それを人が認知しやすいように表出することが可能であることが示された。 
(英) Recently, the robot therapy is paid attention as an effective way of the healing. From this point of view, we have been studying and developing a healing robot named PDDIN. This report proposes new functions in PDDIN to aim at both upgrading communication skills and realizing more effective healings, e.g., functions to express feelings of the robot with use of two parameters "MOOD" and "AFFECTION," to acquire external situations and also to infer interlocutor's feelings. Physical appearance of PDDIN was changed to new one. As a result, PDDIN is thereinafter called PDDIN2005. Evaluation of PDDIN2005 showed a robot PDDIN2005 could have its wider range of feelings in it, and that it expressed them recognizably for human.
キーワード (和) ロボット / 癒し / ロボットセラピー / コミュニケーション / 対話 / 感情 / /  
(英) robot / healing / robot therapy / communication / dialogue / emotion / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 613, TL2005-96, pp. 171-176, 2006年2月.
資料番号 TL2005-96 
発行日 2006-02-17 (TL, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU TL  
開催期間 2006-02-23 - 2006-02-24 
開催地(和) 産業技術総合研究所(筑波) 
開催地(英)  
テーマ(和) 文字認識・文書理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2006-02-PRMU-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 癒し系ロボットPDDIN2005 
サブタイトル(和) 状況と対話者感情を考慮した発話と行動 
タイトル(英) Healing Robot PDDIN2005 
サブタイトル(英) Speech and Action of a Robot with ablities of Considering its Situations and Interlocutor's Feelings 
キーワード(1)(和/英) ロボット / robot  
キーワード(2)(和/英) 癒し / healing  
キーワード(3)(和/英) ロボットセラピー / robot therapy  
キーワード(4)(和/英) コミュニケーション / communication  
キーワード(5)(和/英) 対話 / dialogue  
キーワード(6)(和/英) 感情 / emotion  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 朋之 / Tomoyuki Ozawa / オザワ トモユキ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 俊信 / Toshinobu Harada / ハラダ トシノブ
第2著者 所属(和/英) 日本工学院八王子専門学校 (略称: 日本工学院八王子専門学校)
Nippon Engineering College of Hachiouji (略称: NEEC of Hachiouji)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 和仁 / Kazuhito Yamaguchi / ヤマグチ カズヒト
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 洋輔 / Yousuke Sasaki / ササキ ヨウスケ
第4著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 伸輔 / Nobusuke Takai / タカイ ノブスケ
第5著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小幡 琢磨 / Takuma Obata / オバタ タクマ
第6著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 弘之 / Hiroyuki Kameda / カメダ ヒロユキ
第7著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-02-24 16:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2005-96,IEICE-PRMU2005-231 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.613(TL), no.615(PRMU) 
ページ範囲 pp.171-176 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2006-02-17,IEICE-PRMU-2006-02-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会