お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-02-23 14:25
大学生向け情報倫理ビデオ教材の作成と効果
辰己丈夫東京農工大)・山之上 卓鹿児島大)・布施 泉北大)・中西通雄阪工大)・村田育也北海道教大)・深田昭三愛媛大)・多川孝央九大)・岡部成玄北大)・中村 純広島大)・山田恒夫メディア教育開発センター
抄録 (和) 2003年春にメディア教育開発総合情報メディアセンターと国立大学情報処理教育センター協議会による教材作成事業の一環として「情報倫理ビデオ教材」を作成した。2005年に続編となる「情報倫理ビデオ教材Part II」を作成した。後者の教材は、ACMのSIGUCCS 2005年秋季大会において、ビデオ教材部門第2位を受賞した。 
(英) We produced ``Digital Video Clips of Information Ethics Vol. 1'' for Japanese University students at 2003. After two years, we produced ``Digital Video Clips of Information Ethics Vol. 2''. These video clipes got 2nd prize of ACM SIGUCCS 2005. In this paper, we describe the outline of our project and the stories of the clips.
キーワード (和) 情報倫理 / 情報危機管理 / 教育の情報化 / eラーニング / 情報教育 / ビデオ教材 / 著作権教育 / 個人情報保護  
(英) Computer Ethics / Risk Management on Computer Use / ICT in Education / e-Learning / ICT Education / Educational video clip / copyright education / privacy protection  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 616, SITE2005-59, pp. 43-46, 2006年2月.
資料番号 SITE2005-59 
発行日 2006-02-16 (SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SITE  
開催期間 2006-02-23 - 2006-02-23 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) Univ. of Elecro. Comminucation 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) public 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2006-02-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大学生向け情報倫理ビデオ教材の作成と効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Digital Video Clips of Information Ethics for University students 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報倫理 / Computer Ethics  
キーワード(2)(和/英) 情報危機管理 / Risk Management on Computer Use  
キーワード(3)(和/英) 教育の情報化 / ICT in Education  
キーワード(4)(和/英) eラーニング / e-Learning  
キーワード(5)(和/英) 情報教育 / ICT Education  
キーワード(6)(和/英) ビデオ教材 / Educational video clip  
キーワード(7)(和/英) 著作権教育 / copyright education  
キーワード(8)(和/英) 個人情報保護 / privacy protection  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辰己 丈夫 / Takeo Tatsumi / タツミ タケオ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agri & Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山之上 卓 / Takashi Yamanoue / ヤマノウエ タカシ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 布施 泉 / Izumi Fuse / フセ イズミ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 通雄 / Michio Nakanishi / ナカニシ ミチオ
第4著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Inst of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 育也 / Ikuya Murata / ムラタ イクヤ
第5著者 所属(和/英) 北海道教育大学 (略称: 北海道教大)
Hokkaido University of Education (略称: Hokkaido Univ of Edu)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 深田 昭三 / Shozo Fukada / フカダ ショウゾウ
第6著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 多川 孝央 / Takahiro Tagawa / タガワ タカヒロ
第7著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡部 成玄 / Shigeto Okabe / オカベ シゲトウ
第8著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 純 / Atsushi Nakamura / ナカムラ アツシ
第9著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 恒夫 / Tsuneo Yamada / ヤマダ ツネオ
第10著者 所属(和/英) メディア教育開発センター (略称: メディア教育開発センター)
National Institute of Multimedia Education (略称: NIME)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-02-23 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-SITE2005-59 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.616 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SITE-2006-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会