お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-02-21 15:40
動画像へのフラクタル符号化の適用法に関する一考察
竹沢 恵真田博文渡辺一央北海道工大)・長谷山美紀北大
抄録 (和) 画像符号化手法の一つとして知られているフラクタル画像符号化は,画像の自己相似性を利用し,画像データを圧縮する.よって,得られる復号画像の品質は自己相似性と密接な関係があると考えられる.しかしながら,従来,この自己相似性と復号画質との関係について明らかにされてこなかった.そこで,以前我々は,これらの関係を明らかにするために,画像が持つ自己相似性の高さを表すための指標を示し,静止画像を対象として自己相似性と復号画質との関係について考察を行った.本文では,この自己相似性と復号画質との関係に基づき,フラクタル画像符号化の動画像への新たな適用法について考察を行う. 
(英) Fractal image coding based on an iterated function system (IFS), one of the coding techniques for digital images, compresses images by utilizing their self-similarity. Hence, it is conceivable that the self-similarity is closely related to the decoded image quality by the fractal image coding. However, the relationship between the self-similarity of the original image and the quality of its decoded image has not been clarified so far. Therefore, in the previous study, we have clarified the relationship for still images. Then, in this paper, we clarify the relationship for video images and consider a new approach to video coding based on the fractal image coding.
キーワード (和) フラクタル画像符号化 / 自己相似性 / / / / / /  
(英) fractal image coding / self similarity / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 609, ITS2005-103, pp. 131-136, 2006年2月.
資料番号 ITS2005-103 
発行日 2006-02-14 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-ME ITE-AIT ITE-HI  
開催期間 2006-02-20 - 2006-02-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理,映像メディアおよび一般(IE, ITS,映像情報メディア学会(HI, ME, CG),SID日本支部共催) 
テーマ(英) Image Processing for ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2006-02-ITS-IE-ITE-ME-ITE-CG-ITE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動画像へのフラクタル符号化の適用法に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A New Application of Fractal Coding to Video Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フラクタル画像符号化 / fractal image coding  
キーワード(2)(和/英) 自己相似性 / self similarity  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹沢 恵 / Megumi Takezawa / タケザワ メグミ
第1著者 所属(和/英) 北海道工業大学 (略称: 北海道工大)
Hokkaido Institute of Technology (略称: Hokkaido Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 真田 博文 / Hirofumi Sanada / サナダ ヒロフミ
第2著者 所属(和/英) 北海道工業大学 (略称: 北海道工大)
Hokkaido Institute of Technology (略称: Hokkaido Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 一央 / Kazuhisa Watanabe / ワタナベ カズヒサ
第3著者 所属(和/英) 北海道工業大学 (略称: 北海道工大)
Hokkaido Institute of Technology (略称: Hokkaido Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷山 美紀 / Miki Haseyama / ハセヤマ ミキ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-02-21 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2005-103,IEICE-IE2005-310 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.609(ITS), no.611(IE) 
ページ範囲 pp.131-136 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2006-02-14,IEICE-IE-2006-02-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会