お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-02-20 13:25
偏光フィルタを用いた多人数共有型立体表示装置の試作と検討
北村喜文中山智量中島孝司阪大)・山本澄彦東芝)・岸野文郎阪大
抄録 (和) 単一の固定されたディスプレイで,利用者のインタラクティブな視点移動による運動視差を与えることができ,3人以上利用者の全てに対して,フリッカと歪がない適切な立体視を表示できる多人数共有型立体表示装置IllusionHoleを,2台のプロジェクタと円偏光板を用いて試作した.本稿では,この装置について検討した結果について報告する. 
(英) We are proposing the IllusionHole system, which allows three or more moving people to simultaneously observe individual stereoscopic image pairs from their own viewpoints. With a simple configuration, it provides intelligible 3D stereoscopic images free of flicker and distortion. Based on the idea of the IllusionHole, a prototype is established by using two LCD projectors and polarization filters. This paper describes details of the prototype.
キーワード (和) 立体ディスプレイ / 多人数 / 協調作業 / インタラクティブ / 科学博物館 / 教育 / /  
(英) stereoscopic display / multiple users / collaborative work / interactive / science musium / education / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 610, IE2005-273, pp. 113-118, 2006年2月.
資料番号 IE2005-273 
発行日 2006-02-13 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-ME ITE-AIT ITE-HI  
開催期間 2006-02-20 - 2006-02-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理,映像メディアおよび一般(IE, ITS,映像情報メディア学会(HI, ME, CG),SID日本支部共催) 
テーマ(英) Image Processing for ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2006-02-ITS-IE-ITE-ME-ITE-CG-ITE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 偏光フィルタを用いた多人数共有型立体表示装置の試作と検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on a Stereoscopic Display for Mutiple Uses using Polarization Filters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 立体ディスプレイ / stereoscopic display  
キーワード(2)(和/英) 多人数 / multiple users  
キーワード(3)(和/英) 協調作業 / collaborative work  
キーワード(4)(和/英) インタラクティブ / interactive  
キーワード(5)(和/英) 科学博物館 / science musium  
キーワード(6)(和/英) 教育 / education  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 喜文 / Yoshifumi Kitamura / キタムラ ヨシフミ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka U.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 智量 / Tomokazu Nakayama / ナカヤマ トモカズ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka U.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 孝司 / Takashi Nakashima / ナカシマ タカシ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka U.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 澄彦 / Sumihiko Yamamoto / ヤマモト スミヒコ
第4著者 所属(和/英) 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba (略称: Toshiba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸野 文郎 / Fumio Kishino / キシノ フミオ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka U.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-02-20 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-ITS2005-66,IEICE-IE2005-273 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.608(ITS), no.610(IE) 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2006-02-13,IEICE-IE-2006-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会