電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-28 10:00
カプセル内視鏡を用いた小腸収縮位置の検出
上田健介越後富夫佐川立昌向川康博阪大)・八木敬子神戸薬科大)・斯波將次樋口和秀荒川哲男阪市大)・八木康史阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 従来は検査が難しかった小腸を観察することができる内視鏡として,カプセル内視鏡が注目を集めている.患者に飲み込まれたカプセル内視鏡は,消化管内の蠕動運動により消化管内部を移動し,内蔵されたカメラで撮影を行う.そのため,カメラの向きが頻繁に変わってしまい,映像を見ても映している方向を確認できない場合もある.そこで本研究では,小腸収縮位置を常に画面の中央に表示することにより,どの方向を映しているのか理解しやすい映像表示方法を提案する.本手法では,特徴量として低輝度領域,エッジ成分,しわの形状を用いることにより,小腸の状態を分類した.また,それぞれの状態に応じた収縮位置の推定を行い,収縮位置が中央に表示されるように画像の再配置を行った. 
(英) A capsule endoscope is getting attention for observing a small intestine which is hard to examine. The
capsule swallowed by a patient moves in the peristaltic movement and takes images by an embedded camera. As the direction of the camera frequently changes, a surveyor sometimes cannot recognize which direction the camera looks toward. This paper describes an image display method by displaying the center position of shrinkage in the small intestine in the middle of the screen for its viewablity. Using low brightness area, edge elements and rugae of the small intestine as feature quantities, we classify the condition of the small intestine and estimate the center position of its shrinkage.
キーワード (和) カプセル内視鏡 / 映像安定化 / 小腸収縮 / / / / /  
(英) Capsule Endoscope / Video Stabilization / Shrinkage of Small Intestine / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 580, MI2005-110, pp. 9-12, 2006年1月.
資料番号 MI2005-110 
発行日 2006-01-21 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2006-01-27 - 2006-01-28 
開催地(和) 宮古島市中央公民館 
開催地(英) Miyakojimashi-Chuo-Kouminkan 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2006-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カプセル内視鏡を用いた小腸収縮位置の検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Shrinkage Detection of Small Intestine from a Capsule Endoscope 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カプセル内視鏡 / Capsule Endoscope  
キーワード(2)(和/英) 映像安定化 / Video Stabilization  
キーワード(3)(和/英) 小腸収縮 / Shrinkage of Small Intestine  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 健介 / Kensuke Ueda / ウエダ ケンスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 越後 富夫 / Tomio Echigo / エチゴ トミオ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐川 立昌 / Ryusuke Sagawa / サガワ リュウスケ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 向川 康博 / Yasuhiro Mukaigawa / ムカイガワ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 敬子 / Keiko Yagi / ヤギ ケイコ
第5著者 所属(和/英) 神戸薬科大学 (略称: 神戸薬科大)
Kobe Pharmaceutical University (略称: Kobe Pharmaceutical Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 斯波 將次 / Masatsugu Shiba / シバ マサツグ
第6著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 和秀 / Kazuhide Higuchi / ヒグチ カズヒデ
第7著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 哲男 / Tetsuo Arakawa / アラカワ テツオ
第8著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 康史 / Yasushi Yagi / ヤギ ヤスシ
第9著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-28 10:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2005-110 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.580 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2006-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会