電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-27 09:40
Group Layered Space-Time伝送方式を用いた600Mbps無線LANシステムに関する検討
渡部佳孝長尾勇平黒崎正行尾知 博九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)技術において,送信アンテナ数に比例して伝送容量を増大できるLST(Layered Space-Time)伝送方式と,ダイバーシチゲインにより伝搬距離延伸が可能なSTC(Space-Time Coding)伝送方式を組み合わせたGLST(Group Layered Space-Time)伝送方式が報告されている.本稿では,GLST伝送方式を用い伝送速度600Mbpsを実現する無線LANシステムの検討を行う.本システムでは,送信アンテナ4本,受信アンテナ2本,2groupのSTBCという最小限のGLSTシステム構成において最大限のダイバーシチゲインと伝送速度の実現を可能とする.計算機シミュレーションを行った結果,伝送速度600Mbps,伝搬距離20mを実現できることを確認し,さらには現在規格策定中であるIEEE802.11 TGnSyncシステムと比較を行いアンテナ間の相関にも耐性を持つことを確認した. 
(英) This paper reports a 600Mbps wireless LAN system using the GLST MIMO technology which combines the LST system, in which can increase data-transmission capacity, and the STC system in which space diversity gain is obtained. As a result of computer simulations, it has been verified 600Mbps data rate and 20m of propagation distance. Moreover, the simulation results show that the proposed system is robust against antenna correlation compared with the IEEE802.11 TGn Sync system under standardization.
キーワード (和) MIMO / Space-Time Block Coding / Layered Space-Time / Group Layered Space-Time / OFDM / IEEE802.11n / 無線LAN /  
(英) MIMO / Space-Time Block Coding / Layered Space-Time / Group Layered Space-Time / OFDM / IEEE802.11n / Wireless LAN /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 560, RCS2005-157, pp. 11-16, 2006年1月.
資料番号 RCS2005-157 
発行日 2006-01-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyusyu Univ. 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線通信一般,信号処理 
テーマ(英) Broadband Wireless Access, Radio Communication, Signal Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Group Layered Space-Time伝送方式を用いた600Mbps無線LANシステムに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on 600Mbps Wireless LAN Systems using a Group Layered Space-Time Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) Space-Time Block Coding / Space-Time Block Coding  
キーワード(3)(和/英) Layered Space-Time / Layered Space-Time  
キーワード(4)(和/英) Group Layered Space-Time / Group Layered Space-Time  
キーワード(5)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(6)(和/英) IEEE802.11n / IEEE802.11n  
キーワード(7)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 佳孝 / Yoshitaka Watanabe / ワタナベ ヨシタカ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長尾 勇平 / Yuhei Nagao / ナガオ ユウヘイ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒崎 正行 / Masayuki Kurosaki / クロサキ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾知 博 / Hiroshi Ochi / オチ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-27 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-157 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.560 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会