電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-27 09:00
無線メッシュネットワークにおけるパケット衝突に関する一検討
藤原 淳NTTドコモ)・吉田 進京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) CSMA/CA方式をベースとするIEEE802.11プロトコルをメッシュネットワークに適用した時には「隠れ端末問題」「さらし端末問題」「その他の問題」が懸念される。本プロトコルでは、隠れ端末問題への対策として仮想キャリアセンスが規定されているが、メッシュネットワークへの適用効果については明確ではない。本検討では、仮想キャリアセンスをメッシュネットワークに適用した場合の特性およびその要因について、フレーム衝突パターンを用いて明らかにしている。 
(英) When IEEE 802.11 protocol, which is based on CSMA/CA scheme, is applied to mesh networks, "hidden terminal problem", "exposed terminal problem" and "the other problems" will be factor of throughput degradation. In this paper, the impact of virtual carrier sensing, which is prepared to suppress only hidden terminal problem, for the mesh networks is investigated and analyzed by using frame collision pattern.
キーワード (和) IEEE802.11 / CSMA/CA / キャリアセンス / 仮想キャリアセンス / RTS/CTS / 隠れ端末問題 / さらし端末問題 / メッシュネットワーク  
(英) IEEE802.11 / CSMA/CA / carrier sense / virtual carrier sense / RTS/CTS / hidden terminal problem / exposed terminal problem / mesh network  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 560, RCS2005-155, pp. 1-4, 2006年1月.
資料番号 RCS2005-155 
発行日 2006-01-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyusyu Univ. 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線通信一般,信号処理 
テーマ(英) Broadband Wireless Access, Radio Communication, Signal Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線メッシュネットワークにおけるパケット衝突に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on packet collision in wireless mesh networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE802.11 / IEEE802.11  
キーワード(2)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(3)(和/英) キャリアセンス / carrier sense  
キーワード(4)(和/英) 仮想キャリアセンス / virtual carrier sense  
キーワード(5)(和/英) RTS/CTS / RTS/CTS  
キーワード(6)(和/英) 隠れ端末問題 / hidden terminal problem  
キーワード(7)(和/英) さらし端末問題 / exposed terminal problem  
キーワード(8)(和/英) メッシュネットワーク / mesh network  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 淳 / Atsushi Fujiwara / フジワラ アツシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 進 / Susumu Yoshida / ヨシダ ススム
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyodai)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-27 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-155 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.560 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2006-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会