電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-27 09:20
Mac Layer Enhancement Methods for VoIP Data Transmission in MANET
Juefeng WangKeita YamaguchiKenichi MaseNiigata Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) The paper proposes three methods worked in the MAC layer for improving VoIP data transmission efficiency. As are different with the conventional packet forwarding scheme of the IEEE 802.11 MAC layer, these methods slightly modify the usual medium access mechanism to promote forwarding packet capability. In addition, to enhance the VoIP performance over the wireless 802.11 network, the delivery sequence of packets queued by MAC layer are also rearranged. Via the simulations of VoIP data traffic, performances analysis of proposed methods are presented. It is found that compared with the IEEE 802.11 standard, these methods may improve delivery performance of VoIP data in MANET.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) MANET / VoIP / QoS / MAC / Cross-Layer / Frame Bursting / Frame Aggregation /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 560, RCS2005-156, pp. 5-10, 2006年1月.
資料番号 RCS2005-156 
発行日 2006-01-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyusyu Univ. 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線通信一般,信号処理 
テーマ(英) Broadband Wireless Access, Radio Communication, Signal Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-01-RCS-SIP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mac Layer Enhancement Methods for VoIP Data Transmission in MANET 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / MANET  
キーワード(2)(和/英) / VoIP  
キーワード(3)(和/英) / QoS  
キーワード(4)(和/英) / MAC  
キーワード(5)(和/英) / Cross-Layer  
キーワード(6)(和/英) / Frame Bursting  
キーワード(7)(和/英) / Frame Aggregation  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 覚峰 / Juefeng Wang / オウ カクホウ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 圭太 / Keita Yamaguchi / ヤマグチ ケイタ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 間瀬 憲一 / Kenichi Mase / マセ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-27 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-156 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.560 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会