電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-27 15:10
経路予約による周期的間欠送信法の特性改善
東坂悠司古川 浩九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は無線マルチホップネットワークにおいて高効率パケット中継を実現する新しいpacket forwarding法、周期的間欠送信法を提案している。周期的間欠送信法を2次元平面上でも機能させるため渦巻きルーティングを提案しているが、当該ルーティングをノード自律分散的に構築することは難しい。そこで本稿ではツリー型やメッシュ型等の従来の経路構成法を適用した場合でも周期的間欠送信法を機能させることができる付加技術として経路予約を提案する。当該手法の評価を損失率一定の条件で行ったところ、周期的間欠送信を適用することにより1パケットあたりの平均伝送遅延が大幅に低減できること、すなわち周期的間欠送信法が2次元平面上でも有効に機能することが確認できた。 
(英) Intermittent Periodic Transmit (IPT forwarding) is known as a packet forwarding scheme that achieves highly efficient packet relays in wireless multihop networks. We have proposed the spiral routing as a routing scheme that enables the IPT forwarding in two-dimensional node layouts. However a distributed algorithm capable of achieving the spiral routing is not unfortunately found yet. This paper proposes another way to enable the spiral routing even in two-dimensional node layouts. The proposed scheme employs a path reservation technique that is carried out in advance with entering IPT forwarding, which makes conventional routing algorithms such as tree type ones or mesh type ones be applicable associating with the IPT forwarding. Simulation results ensure combination of the IPT forwarding with the proposed path reservation achieves lower average packet delay compared with a conventional multihop routing and forwarding.
キーワード (和) 無線LAN / 無線基地局中継システム / パケット中継法 / 周期的間欠送信 / 経路予約 / / /  
(英) Wireless LAN / WDS / Packet Relay / Intermittent Periodic Transmit / path reservation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 560, RCS2005-164, pp. 53-58, 2006年1月.
資料番号 RCS2005-164 
発行日 2006-01-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyusyu Univ. 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線通信一般,信号処理 
テーマ(英) Broadband Wireless Access, Radio Communication, Signal Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 経路予約による周期的間欠送信法の特性改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Packet forwarding path reservation for performance improvement of the intermittent periodic transmit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) 無線基地局中継システム / WDS  
キーワード(3)(和/英) パケット中継法 / Packet Relay  
キーワード(4)(和/英) 周期的間欠送信 / Intermittent Periodic Transmit  
キーワード(5)(和/英) 経路予約 / path reservation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 東坂 悠司 / Yuji Tohzaka / トウザカ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 浩 / Hiroshi Furukawa / フルカワ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-27 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-164 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.560 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会