電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-27 15:30
無線マルチホップネットワークにおける周期的間欠送信法の実環境での評価
比嘉征規古川 浩九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では、著者等が提案した高効率パケット中継を達成するパケット中継法、周期的間欠送信法を評価するために、実機による無線マルチホップネットワークシステムを開発し、大学構内の多様な中継ノード設置環境で各種の評価を行った。評価の結果、パケット損失を大幅に減らせることがわかった。また、リンクの安定性がパケット損失率に与える影響についても調査した。不安定なリンクに新しくノードを配置し、リンクを安定させることで、より低いパケット損失率とより高いスループットを達成できることがわかった。 
(英) In this paper, we developed test beds of wireless multihop node and performances of the Intermittent Periodic Transmit are investigated in several experimental scenarios on an actual building. The results ensure that drastic reduction of packet loss is enabled by the Intermittent Periodic Transmit. In this paper, we also investigate the impact of link stability to packet loss rate. Addition of a node within a poor link can improve stability of the link, and thus results in achieving a lower packet loss rate and a higher throughput.
キーワード (和) マルチホップネットワーク / 中継 / 周期的間欠送信法 / テストベッド / 無線LAN / / /  
(英) multiop network / relay / the intermittent periodic transmit / test bed / wireless LAN / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 560, RCS2005-165, pp. 59-64, 2006年1月.
資料番号 RCS2005-165 
発行日 2006-01-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyusyu Univ. 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線通信一般,信号処理 
テーマ(英) Broadband Wireless Access, Radio Communication, Signal Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-01-RCS-SIP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 無線マルチホップネットワークにおける周期的間欠送信法の実環境での評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental evaluations of wireless Multihop Network associated with the Intermittent Periodic Transmit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチホップネットワーク / multiop network  
キーワード(2)(和/英) 中継 / relay  
キーワード(3)(和/英) 周期的間欠送信法 / the intermittent periodic transmit  
キーワード(4)(和/英) テストベッド / test bed  
キーワード(5)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 比嘉 征規 / Yukinori Higa / ヒガ ユキノリ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 浩 / Hiroshi Furukawa / フルカワ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-27 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-165 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.560 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会