電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-26 13:00
周期スペクトラムを用いたSTTD-SC-FDEへの誤り訂正の適用効果
栗山 侑吉田晴人前原文明高畑文雄早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 周波数領域等化を用いるシングルキャリヤ伝送(SC-FDE)は,PAPRを抑圧しつつ,周波数選択性フェージング環境下において優れた伝送特性を示すことから,近年注目を集めている.
これまでに,筆者らは, 時空間ブロック符号化送信ダイバーシチを用いたSC-FDE(STTD-SC-FDE)に対して周期スペクトラム伝送を適用し,受信側で周波数ダイバーシチを行う方式を提案し,1ビット伝送のような低速伝送において,通常のSTTD-SC-FDEよりも良好な伝送特性が得られることを示してきた.
本稿では,周期スペクトラム伝送を用いたSTTD-SC-FDEに畳み込み符号化・ビタビ復号に基づく誤り訂正を適用したときの特性を通常のSTTD-SC-FDEおよびOFDMを比較対象として計算機シミュレーションにより評価する. 
(英) In recent years, single-carrier modulation with frequency domain equalization (SC-FDE) has received a lot of interest because SC modulation essentially makes it possible to reduce the peak-to-average transmitted power ratio(PAPR)which is one of the major problems in OFDM while showing a superior characteristic in a frequency selective fading channel.
So far, we have proposed the periodic spectrum transmission for SC-FDE employing space-time block coded transmit diversity (STTD-SC-FDE).
When applying the low rate transmission such as 1-bit/sample transimission, the proposed scheme outperforms the typical STTD-SC-FDE.
In this paper, we evaluate the performance of STTD-SC-FDE using forward error correction (FEC) based on convolutional coding and Viterbi decoding as the extension of our previous work.
Moreover, we compare the BER of the proposed scheme with that of the traditional STTD-SC-FDE and OFDM in various kinds of channel conditions by means of the computer simulation.
キーワード (和) SC-FDE / STTD / 周期スペクトラム / 周波数ダイバーシチ / 誤り訂正(FEC) / / /  
(英) SC-FDE / STTD / periodic spectrum / frequency diversity / FEC / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 559, RCS2005-150, pp. 155-160, 2006年1月.
資料番号 RCS2005-150 
発行日 2006-01-19 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyusyu Univ. 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線通信一般,信号処理 
テーマ(英) Broadband Wireless Access, Radio Communication, Signal Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周期スペクトラムを用いたSTTD-SC-FDEへの誤り訂正の適用効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of forward error correction on STTD-SC-FDE employing periodicspectrum 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SC-FDE / SC-FDE  
キーワード(2)(和/英) STTD / STTD  
キーワード(3)(和/英) 周期スペクトラム / periodic spectrum  
キーワード(4)(和/英) 周波数ダイバーシチ / frequency diversity  
キーワード(5)(和/英) 誤り訂正(FEC) / FEC  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗山 侑 / Tasuku Kuriyama / クリヤマ タスク
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 晴人 / Haruhito Yoshida / ヨシダ ハルヒト
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 文明 / Fumiaki Maehara / マエハラ フミアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高畑 文雄 / Fumio Takahata / タカハタ フミオ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-26 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-150 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.559 
ページ範囲 pp.155-160 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会