電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-26 13:25
TS-ESPRITによるCDMA変調波の到来方向・遅延時間同時推定実験
佐々木知洋三田長久熊本大
抄録 (和) 近年,移動通信や無線LANなどの急速な発展に伴い,電波伝搬環境が複雑になってきている.特に市街地やオフィス内など障害物が多い環境では,マルチパスフェージングによって通信の品質が劣化してしまうため,多重波の高分解能到来方向推定法が求められている.従来,電波の到来パラメータ推定法としてMUSICやESPRITなどがあるが,多重波の到来する角度が近接した場合,多重波を分離することができない.そこで本稿ではCDMA通信において多重波の遅延時間と到来方向
が同時に推定可能なTS-ESPRITを提案する.実験の結果,TS-ESPRITによって遅延時間と到来方向を高精度に推定することができ,提案手法の有用性を確認した. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) TS-ESPRIT / CDMA通信 / 多重波の高分解能推定 / 到来方向と遅延時間の同時推定 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 561, AP2005-137, pp. 33-36, 2006年1月.
資料番号 AP2005-137 
発行日 2006-01-19 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 福岡工業大学 
開催地(英) Fukuoka Inst. of Tech. 
テーマ(和) アンテナ設計解析技術、一般 
テーマ(英) Antenna Analysis etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2006-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TS-ESPRITによるCDMA変調波の到来方向・遅延時間同時推定実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experiment of DOA and Delay Joint Estimation for CDMA Signals with TS-ESPRIT 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TS-ESPRIT /  
キーワード(2)(和/英) CDMA通信 /  
キーワード(3)(和/英) 多重波の高分解能推定 /  
キーワード(4)(和/英) 到来方向と遅延時間の同時推定 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 知洋 / Tomohiro Sasaki / ササキ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三田 長久 / Nagahisa Mita / ミタ ナガヒサ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-26 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2005-137 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.561 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2006-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会