お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-26 11:00
判定帰還伝搬路推定を用いたCOFDM伝送における適応忘却係数制御に関する一検討
吉田晴人前原文明高畑文雄早大
抄録 (和) 高速フェージング環境に適したOFDM伝搬路推定法として,1シンボル単位での逐次的な推定が可能な判定帰還伝搬路推定がある.判定帰還伝搬路推定においては,各サブキャリヤにおいて,雑音成分による推定誤差の影響を抑圧するために,通常,忘却係数を用いた1次フィルタが用いられ,適切なフィルタの忘却係数の値は,与えられたシステムが受けるフェージング変動の大きさにより異なることから,その変動の度合いを事前に把握した上で設定する必要がある.本稿では,フェージング変動を事前に把握することなく適応的に忘却係数を制御するCOFDM用判定帰還伝搬路推定法を提案する.具体的には,誤り訂正により得られるメトリックに基づきフェージング変動の大きさを検出し,その大きさによって忘却係数の値を制御する.さらに,提案方式の有効性を確認すべく,その特性を,忘却係数を固定的に使用した場合を比較対象として計算機シミュレーションにより評価する. 
(英) Decision feedback channel estimation is one of the promising channel estimation schemes for orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) transmission under fast fading channels. In decision feedback channel estimation, the time domain averaging filter is essential to suppress the noise on the channel estimates and the forgetting factor of the averaging filter needs to be given appropriately according to the channel variation to provide good performance. This paper proposes an adaptive forgetting factor control method using the metrics of Viterbi decoder for coded OFDM transmission. Numerical results given by computer simulation show the effectiveness of the proposed scheme compared with the conventional scheme using the fixed forgetting factor.
キーワード (和) OFDM / 判定帰還 / 伝搬路推定 / 誤り訂正(FEC) / 一次平均化フィルタ / 忘却係数 / /  
(英) OFDM / decision feedback / channel estimation / forward error correction (FEC) / first-order averaging filter / forgetting factor / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 559, RCS2005-127, pp. 19-24, 2006年1月.
資料番号 RCS2005-127 
発行日 2006-01-19 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyusyu Univ. 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線通信一般,信号処理 
テーマ(英) Broadband Wireless Access, Radio Communication, Signal Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 判定帰還伝搬路推定を用いたCOFDM伝送における適応忘却係数制御に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Adaptive Control of Forgetting Factor for Decision Feedback Channel Estimation in COFDM Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) 判定帰還 / decision feedback  
キーワード(3)(和/英) 伝搬路推定 / channel estimation  
キーワード(4)(和/英) 誤り訂正(FEC) / forward error correction (FEC)  
キーワード(5)(和/英) 一次平均化フィルタ / first-order averaging filter  
キーワード(6)(和/英) 忘却係数 / forgetting factor  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 晴人 / Haruhito Yoshida / ヨシダ ハルヒト
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 文明 / Fumiaki Maehara / マエハラ フミアキ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高畑 文雄 / Fumio Takahata /
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-26 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-127 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.559 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会