電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-26 10:00
An Adaptive Error Correction Control Scheme for an Ultra-Low-Latency Mobile Network
Xiaoqiu WangSatoshi KonishiTakeshi KitaharaHajime NakamuraKDDI R&D Labs.)・Fumiaki MaeharaWaseda Univ.)・Masataka OhtaTokyo Inst. of Tech.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは,End-to-End間の遅延時間が極めて短いモバイルネットワーク(超低遅延モバイルネットワーク)の実現に向けて研究を進めている. 本報告では,超低遅延モバイルネットワークのための適応的な誤り制御手法を提案している.提案手法では,リンク層においてSelective-repeat (SR)型のARQ(Automatic Repeat reQuest)とStop-and-wait (SW)型のARQを組み合わせたARQ(以下,SR-SW-ARQ)を行い,物理層において,リンク層でのフレーム再送回数に応じて適応的に冗長度を変更させるFEC (Forward Error Correction) を行う.本手法をOFDMシステムに対して適用した場合の性能評価を計算機シミュレーションにより行った結果,固定的な冗長度を有するFECとSR-ARQを組み合わせた従来方法と比較して提案方法はエラー特性が改善されるとともに,伝送遅延も短縮可能であることが確認できた. 
(英) The authors have been studying for realizing ultra-low-latency mobile networks, in which the End-to-End latency is quite short. For such an ultra-low-latency mobile network, we present an adaptive error correction control scheme in this paper. In the proposed scheme, a SR-SW-ARQ protocol, which is a combination of Selective Repeat (SR) and Stop-and-Wait (SW) ARQ, is adopted at the link layer. Moreover, an adaptive FEC (Forward Error Correction) scheme that has a different redundancy rate depending on the number of retransmissions is adopted at the physical layer. Simulations of the proposed adaptive error correction scheme are conducted based on the OFDM system. The simulation results verify that the proposed scheme provides better performance in terms of error rate and less transmission latency compared to the conventional scheme which has a static redundancy FEC scheme and SR-ARQ protocol.
キーワード (和) 超低遅延 / モバイルネットワーク / 適応誤り制御 / ARQ / FEC / / /  
(英) ultra-low-latency / mobile networks / adaptive error correction control / ARQ / FEC / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 559, RCS2005-145, pp. 125-130, 2006年1月.
資料番号 RCS2005-145 
発行日 2006-01-19 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyusyu Univ. 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線通信一般,信号処理 
テーマ(英) Broadband Wireless Access, Radio Communication, Signal Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-01-RCS-SIP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Adaptive Error Correction Control Scheme for an Ultra-Low-Latency Mobile Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超低遅延 / ultra-low-latency  
キーワード(2)(和/英) モバイルネットワーク / mobile networks  
キーワード(3)(和/英) 適応誤り制御 / adaptive error correction control  
キーワード(4)(和/英) ARQ / ARQ  
キーワード(5)(和/英) FEC / FEC  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 暁秋 / Xiaoqiu Wang / オウ ギョウシュウ
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, (略称: KDDI R&D Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 聡 / Satoshi Konishi / コニシ サトシ
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, (略称: KDDI R&D Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 武 / Takeshi Kitahara / キタハラ タケシ
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, (略称: KDDI R&D Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 元 / Hajime Nakamura / ナカムラ ハジメ
第4著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, (略称: KDDI R&D Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 文明 / Fumiaki Maehara / マエハラ フミアキ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 昌孝 / Masataka Ohta / オオダ マサタカ
第6著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-26 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-145 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.559 
ページ範囲 pp.125-130 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会