電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-26 17:20
適応型予測フィルタの縦続接続によるオーディオ用可逆圧縮の性能向上
土山牧男植松友彦松本隆太郎東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) オーディオ用可逆圧縮法は一般にフィルタによる信号予測と予測誤差の符号化から成り,信号予測は差分処理と適応型フィルタ処理に分けられる.適応型予測フィルタの遅延素子の数を増やせば圧縮率が改善されるが,必要な計算量が増加する.そこで本研究では遅延素子の総数を一定にしたまま2つの予測フィルタを縦続接続して得られる予測フィルタを利用した新しいオーディオ用可逆圧縮法を提案する.
提案手法では,予測フィルタの改良と共に差分処理と適応型フィルタ処理の間にピッチ予測を行なうIIRフィルタの挿入, ならびに予測誤差の符号化にRice符号とElias $\gamma ~'$符号を組み合わせた符号を導入している.
計算機シミュレーションによって提案手法とこれまでに提案されている手法との性能を比較し,提案手法が優れた圧縮率を有することを確認している. 
(英) Lossless compression for audio data consists of signal prediction and an entropy coder, and signal prediction consists of differential coding and an adaptive filter. Performance of the lossless compression for audio data can be improved by increasing the order of prediction filter. However higher predictor order requires more computational complexity. Without increasing predictor order, we propose a new lossless compression method employing the following techniques: (1) Employ cascaded two adaptive filters with the same total order. (2) Insert an IIR filter for pitch prediction between differential encoder and adaptive filter. (3) Combine Rice code with Elias $\gamma ~'$ code to encode prediction error. Experimental result reveals that the proposed method provides smaller compressoin rate than the conventional methods.
キーワード (和) オーディオ / 可逆圧縮 / 縦続接続 / 適応予測フィルタ / / / /  
(英) adaptive prediction filter / audio data / cascade connection / lossless compression / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 557, SIP2005-134, pp. 23-28, 2006年1月.
資料番号 SIP2005-134 
発行日 2006-01-19 (SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyusyu Univ. 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線通信一般,信号処理 
テーマ(英) Broadband Wireless Access, Radio Communication, Signal Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2006-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 適応型予測フィルタの縦続接続によるオーディオ用可逆圧縮の性能向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance improvement of lossless audio compression by using cascaded adaptive prediction filters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オーディオ / adaptive prediction filter  
キーワード(2)(和/英) 可逆圧縮 / audio data  
キーワード(3)(和/英) 縦続接続 / cascade connection  
キーワード(4)(和/英) 適応予測フィルタ / lossless compression  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 土山 牧男 / Makio Tsuchiyama / ツチヤマ マキオ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 植松 友彦 / Tomohiko Uyematsu / ウエマツ トモヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 隆太郎 / Ryutaroh Matsumoto / マツモト リュウタロウ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-26 17:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-SIP2005-134 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.557 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2006-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会