電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-26 11:40
Frequency-domain Differential Detection and Equalization for 2-dimensional spread/chip-interleaved DS-CDMA
Le LiuFumiyuki AdachiTohoku Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数ユーザが同時に基地局にアクセスする上りリンクでは,ユーザ間の直交性が保たれず,マルチアクセス干渉(MAI)が発生し,伝送特性が大幅に劣化してしまう. 2次元OVSF拡散/チップインターリーブDS-CDMAはMAIを低減できるので,信号判定にシングルユーザのコヒーレント周波数領域等化を用いることができる.しかし,コヒーレント周波数領域等化は高精度なチャネル推定を必要とするが,高速フェージング環境下ではチャネル推定精度が劣化するという問題がある.本論文では,チャネル推定を必要としない,周波数領域差動符号等化を考える.周波数領域差動符号等化を用いる2次元OVSF拡散DS-CDMAについて,時間と周波領域の2重選択性フェージングチャネルにおける伝送特性を計算機シミュレーシュンによって明らかにしている. 
(英) The multiple-access interference (MAI) limits the performance of the DS-CDMA uplink transmission. 2D OVSF spread/chip-interleaved DS-CDMA is an MAI-free system, and hence single-user coherent frequency-domain equalization (FDE) can be used instead of complicated multiuser detection (MUD). However, coherent FDE needs channel estimation. Pilot-assisted channel estimation is not reliable when Doppler fading is fast. In this paper, we consider frequency-domain differential detection and equalization (FDDDE) in a multiuser/multipath environment, which doesn’t require channel estimation and is robust against fast fading. The transmission performance of 2D spread/chip-interleaved DS-CDMA using FDDDE in a time- and frequency-selective fading multiuser environment is evaluated by computer simulation.
キーワード (和) 差動符号等化 / DS-CDMA上りリンク伝送 / インターリーブ / 2次元拡散 / / / /  
(英) Differential detection / DS-CDMA uplink transmission / chip interleaving / 2-dimensional spreading / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 559, RCS2005-149, pp. 149-154, 2006年1月.
資料番号 RCS2005-149 
発行日 2006-01-19 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyusyu Univ. 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線通信一般,信号処理 
テーマ(英) Broadband Wireless Access, Radio Communication, Signal Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-01-RCS-SIP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Frequency-domain Differential Detection and Equalization for 2-dimensional spread/chip-interleaved DS-CDMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 差動符号等化 / Differential detection  
キーワード(2)(和/英) DS-CDMA上りリンク伝送 / DS-CDMA uplink transmission  
キーワード(3)(和/英) インターリーブ / chip interleaving  
キーワード(4)(和/英) 2次元拡散 / 2-dimensional spreading  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 劉 楽 / Le Liu / リュウ ラク
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-26 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-149 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.559 
ページ範囲 pp.149-154 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会