電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-26 16:20
電力制御型V-BLASTにおける適応変調方式の導入に関する検討
小蔦友大関屋大雄呂 建明谷萩隆嗣千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では, 電力制御型V-BLASTに適応変調方式を導入することを検討する. 提案するシステムでは, 総送信電力及びスループットを一定としたとき, 制御パラメータとして従来の電力配分に加え変調方式を与える. これによりBER の変動領域を拡大させることができ, 結果として従来より低いBERを実現することができる. また, 適応変調方式を導入することにより, アンテナを使用しないという選択肢を設けることが可能になる. 通信環境が悪いチャネルを使用しないで通信環境が良好なチャネルに対しより多くの電力を割り当て, かつ伝送レートを上げる変調方式を用いることができるため, BERをさらに低減することが可能となる. 計算機シミュレーションにより, 提案するシステムが従来法よりBER を低減できることを示す. 
(英) In this study, adaptive modulation method is applied to the transmit power allocated V-BLAST. In the proposed system, modulation method and power allocation are given as control parameter under the environments of constant total transmit power and constant throughput. By applying modulation method as a control parameter the variation range of BER is expanded as a result, the proposed system can achieve lower BER than the conventional method. Moreover it is possible to set the selection that certain antennas are not used. In this case, BER performance is improved .compared with use of all antennas. By carrying out, numerical simulation, it is confirmed that the proposed system achieves lower BER than the conventional method.
キーワード (和) MIMO / V-BLAST / 適応変調 / 送信電力制御 / / / /  
(英) MIMO / V-BLAST / Rate adaptation / Power control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 559, RCS2005-138, pp. 83-87, 2006年1月.
資料番号 RCS2005-138 
発行日 2006-01-19 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyusyu Univ. 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線通信一般,信号処理 
テーマ(英) Broadband Wireless Access, Radio Communication, Signal Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電力制御型V-BLASTにおける適応変調方式の導入に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Stady on Adaptive Modulation Method for Transmit Power Allocated V-BLAST 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) V-BLAST / V-BLAST  
キーワード(3)(和/英) 適応変調 / Rate adaptation  
キーワード(4)(和/英) 送信電力制御 / Power control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小蔦 友大 / Yudai Kotsuta / コツタ ユウダイ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 関屋 大雄 / Hiroo Sekiya / セキヤ ヒロオ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 呂 建明 / Jianming Lu / ロ ケンメイ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷萩 隆嗣 / Takashi Yahagi / ヤハギ タカシ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-26 16:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-138 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.559 
ページ範囲 pp.83-87 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2006-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会