お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-26 10:00
OFDMシステムへのTDD簡易伝搬路予測に基づく時間軸送信電力配分の適用効果
神谷有志吉田晴人前原文明高畑文雄早大
抄録 (和) OFDMシステムでは,パイロットシンボルを用いた同期検波により,多値変調の適用が可能となり,伝送容量を拡大できる.ところが,高速フェージング環境下においては,送信フレーム内の各サブキャリヤにおいて,位相だけでなく振幅のひずみが生じ,伝送特性が大きく劣化する.この問題を解決すべく,本稿では,TDDシステムを適用し,送信側であらかじめフレーム内の振幅変動の影響を抑圧する方式を提案する.具体的には,送信側であらかじめ伝搬路特性が既知であることを活かして,下り送信フレームの各シンボルの伝搬路特性を簡易な線形予測法により推定し,サブキャリヤ毎に位相補償だけでなく,時間軸電力配分を行うことにより,フレーム内の振幅変動の影響を抑圧する.提案方式の有効性を確認すべく,その特性を,送信側の処理のない,通常のパイロットシンボルを用いた方式を比較対象として,計算機シミュレーションにより比較・評価する. 
(英) The transmission performance of the pilot assisted orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) system is deteriorated due to the channel estimation error within a frame under fast fading channels.To overcome this problem, this paper proposes a time-domain power allocation scheme to alleviate the amplitude and phase error.The feature of the proposed scheme is to allocate the sub-channel power properly so as to force the sub-channel power to be constant within a frame at the receiver. To realize the time-domain power allocation, a time division duplex (TDD) based simple linear prediction is adopted for exploiting the channel condition for transmitting data symbols.Numerical results given by computer simulation show the effectiveness of the proposed scheme compared with the traditional transmission without the time-domain power allocation.
キーワード (和) OFDM / 時分割複信 / 伝搬路予測 / 送信電力配分 / / / /  
(英) OFDM / time division duplex(TDD) / channel prediction / transmit power allocation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 559, RCS2005-125, pp. 7-12, 2006年1月.
資料番号 RCS2005-125 
発行日 2006-01-19 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyusyu Univ. 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線通信一般,信号処理 
テーマ(英) Broadband Wireless Access, Radio Communication, Signal Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDMシステムへのTDD簡易伝搬路予測に基づく時間軸送信電力配分の適用効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of time domain transmit power allocation employing TDD-based simple channel prediction to OFDM systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) 時分割複信 / time division duplex(TDD)  
キーワード(3)(和/英) 伝搬路予測 / channel prediction  
キーワード(4)(和/英) 送信電力配分 / transmit power allocation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 有志 / Yuji Kamiya / カミヤ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 晴人 / Haruhito Yoshida / ヨシダ ハルヒト
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 文明 / Fumiaki Maehara / マエハラ フミアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高畑 文雄 / Fumio Takahata / タカハタ フミオ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-26 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-125 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.559 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会