電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-26 11:20
OFDMにおけるガードインターバルを超えるマルチパス遅延に対するフィルタバンクを用いた適応等化方式
堀川征一郎笠見英男鶴田 誠松岡秀浩庄木裕樹東芝
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 単一周波数ネットワーク(SFN: Single Frequency Network)環境下でOFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing)システムを用いて通信を行った場合、ガードインターバル(GI: Guard Interval)を越える遅延波が発生する可能性がある。このような環境下では、長遅延波によって生じるシンボル間干渉(ISI: Inter-Symbol Interference)とキャリア間干渉(ICI: Inter-Carrier Interference)により受信特性が劣化する。著者らは、これまでに、ISIとICIを抑圧する方式として、フィルタバンクと最尤系列判定形等化器(MLSE: Maximum Likelihood Sequence Estimation)を組み合わせた方式を提案している。提案方式はISIの影響を受けない区間の受信信号をフィルタバンク処理し、フィルタバンク出力に対してMLSE処理を行う。本稿では、上記方式に対して、2段階のMLSE処理を行うことで、演算量を削減する方式を提案する。さらに、地上デジタル放送(ISDB-T: Integrated Services Digital Broadcasting - Terrestrial)を想定した計算機シミュレーションを行い、長遅延波が存在する環境下で、提案方式は従来の同期検波に比べて受信特性を改善できることを示す。 
(英) OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing)systems operated in the Single Frequency Network (SFN) might face the problems derived from the delayed waves with the time difference larger than the Guard Interval (GI) which cause the Inter-Symbol Interference (ISI) and the Inter-Carrier Interference (ICI). We have proposed a filterbank based equalization technique, which applies the Maximum Likelihood Sequence Estimation (MLSE) to the filterbank output correspond to the “ISI-free” duration of the received signal. In this paper, we reduce the computational complexity of the proposed method by dividing the MLSE into two stages. The computer simulations which assume the Integrated Services Digital Broadcasting-Terrestrial (ISDB-T) show that the proposed method considerably improves the bit error rate performance compared with the conventional one tap equalization.
キーワード (和) OFDM / 単一周波数ネットワーク / ガードインターバル / シンボル間干渉 / キャリア間干渉 / フィルタバンク / MLSE / 演算量削減  
(英) OFDM / SFN / Guard Interval / Inter-symbol interference / Inter-carrier interference / Filterbank / Maximum likelihood sequence estimation / Low complexity  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 559, RCS2005-128, pp. 25-30, 2006年1月.
資料番号 RCS2005-128 
発行日 2006-01-19 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2006-01-26 - 2006-01-27 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyusyu Univ. 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,無線通信一般,信号処理 
テーマ(英) Broadband Wireless Access, Radio Communication, Signal Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2006-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDMにおけるガードインターバルを超えるマルチパス遅延に対するフィルタバンクを用いた適応等化方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A filterbank based equalization technique for OFDM systems with insufficient guard interval 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) 単一周波数ネットワーク / SFN  
キーワード(3)(和/英) ガードインターバル / Guard Interval  
キーワード(4)(和/英) シンボル間干渉 / Inter-symbol interference  
キーワード(5)(和/英) キャリア間干渉 / Inter-carrier interference  
キーワード(6)(和/英) フィルタバンク / Filterbank  
キーワード(7)(和/英) MLSE / Maximum likelihood sequence estimation  
キーワード(8)(和/英) 演算量削減 / Low complexity  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀川 征一郎 / Seiichiro Horikawa / ホリカワ セイイチロウ
第1著者 所属(和/英) (株)東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠見 英男 / Hideo Kasami / カサミ ヒデオ
第2著者 所属(和/英) (株)東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴田 誠 / Makoto Tsuruta / ツルタ マコト
第3著者 所属(和/英) (株)東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 秀浩 / Hidehiro Matsuoka / マツオカ ヒデヒロ
第4著者 所属(和/英) (株)東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄木 裕樹 / Hiroki Shoki / ショウキ ヒロキ
第5著者 所属(和/英) (株)東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-26 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-128 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.559 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2006-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会