電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-25 13:25
区分線形分岐ニューロンのパルス符号/復号特性について
田中 綾斎藤利通鳥飼弘幸法政大
抄録 (和) 分岐ニューロンに基づくA/Dコンバータ(以下 ADC)およびD/Aコンバータ(以下 DAC)を紹介する。
パルス間隔変調基づいたADCについて考察する。
またそれに対応したDACについても考察し、ADC及びDACの動作を実現する簡素な実装回路を示す。
この回路はリコンフィギュラブル回路である。
またパルス位置変調とパルス間隔変調のパラメータ変動における符号特性についても考察する。 
(英) We introduce an A/D converter ( ab. ADC ) and a D/A converter ( ab. DAC ) based on bifurcating neurons.
First, we consider an ADC based on pulse interval modulation.
We also consider DAC corresponding to ADC, and present a reconfigurable circuit that can realize both ADC and DAC.
We then indicate code characteristics of pulse position modulation and pulse interval modulation as a parameter varies.
キーワード (和) A/Dコンバータ / D/Aコンバータ / 分岐ニューロン / パルス間隔変調 / 反復関数系 / / /  
(英) A/D converter / D/A converter / Bifurcating Neuron / Pulse interval modulation / Iterated function system / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 548, NLP2005-130, pp. 33-37, 2006年1月.
資料番号 NLP2005-130 
発行日 2006-01-18 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2006-01-24 - 2006-01-25 
開催地(和) 四国大学 
開催地(英) Shikoku Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2006-01-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 区分線形分岐ニューロンのパルス符号/復号特性について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pulse-based encoding/decoding characteristics of piecewise linear bifurcating neurons 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) A/Dコンバータ / A/D converter  
キーワード(2)(和/英) D/Aコンバータ / D/A converter  
キーワード(3)(和/英) 分岐ニューロン / Bifurcating Neuron  
キーワード(4)(和/英) パルス間隔変調 / Pulse interval modulation  
キーワード(5)(和/英) 反復関数系 / Iterated function system  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 綾 / Aya Tanaka / タナカ アヤ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 利通 / Toshimichi Saito / サイトウ トシミチ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥飼 弘幸 / Hiroyuki Torikai / トリカイ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-25 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2005-130 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.548 
ページ範囲 pp.33-37 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2006-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会