電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-20 16:40
IEEE 802.15.4 を用いた位置推定における歩行者が及ぼす影響およびトラフィック削減手法
Radim Zemek趙 大鵬高島雅弘阪大)・原 晋介阪市大)・柳原健太郎福井 潔福永 茂OKI)・北山研一阪大
抄録 (和) センサネットワークにおける多くのアプリケーションでは, センサノードの位置推定が重要となる. これまでに我々は, IEEE 802.15.4において標準機能で取得可能である受信信号強度を用いた位置推定法を提案し, 実環境での特性評価を行ってきた. 本稿では, さらなる実環境での特性評価を目的とし、提案手法において歩行者が推定精度に及ぼす影響を明らかにする.
また, 提案手法では, センサノード数が増加するに従い, トラフィック量は指数関数的に増加する. そこで, トラフィック量削減のための一手法として閾値を用いる手法を提案し, 実験によりその有効性を示す. 
(英) Many applications of wireless sensor network are based on location estimation and tracking services offered by these sensor networks. However, not many location estimation performances of a sensor network have been studied in a real environment. The goal of the experiment, which results are presented, was to analyse an effect of pedestrians on a target location estimation performance based on received signal strength indicator (RSSI) and maximum likelihood estimation.
Furthermore, the data traffic during location estimation process can be enormous, and thus we propose an easy data traffic reducing method by applying a threshold. The result shows not only traffic reduction without affecting the target location estimation performance but in addition improvement of the target location estimation performance at a certain threshold value.
キーワード (和) センサネットワーク / 位置推定 / IEEE 802.15.4 / 受信信号強度 / トラフィック量削減 / / /  
(英) wireless sensor network / location estimation / IEEE 802.15.4 / RSSI / traffic reduction / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SN  
開催期間 2006-01-19 - 2006-01-20 
開催地(和) 東京電機大神田キャンパス 
開催地(英) Tokyo Denki University Kanda Campus 
テーマ(和) 第3回センサネットワーク研究会 
テーマ(英) 3rd Sensor Network Conference 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SN 
会議コード 2006-01-SN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) IEEE 802.15.4 を用いた位置推定における歩行者が及ぼす影響およびトラフィック削減手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Pedestrians on Location Estimation Performance and Traffic Reducing Method in an IEEE 802.15.4 Wireless Sensor Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / wireless sensor network  
キーワード(2)(和/英) 位置推定 / location estimation  
キーワード(3)(和/英) IEEE 802.15.4 / IEEE 802.15.4  
キーワード(4)(和/英) 受信信号強度 / RSSI  
キーワード(5)(和/英) トラフィック量削減 / traffic reduction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Radim Zemek / Radim Zemek / ラディム ゼメク
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 大鵬 / Dapeng Zhao / チョウ タイホウ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高島 雅弘 / Masahiro Takashima / タカシマ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 晋介 / Shinsuke Hara / ハラ シンスケ
第4著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳原 健太郎 / Kentaro Yanagihara / ヤナギハラ ケンタロウ
第5著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co., Ltd. (略称: Oki Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 潔 / Kiyoshi Fukui / フクイ キヨシ
第6著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co., Ltd. (略称: Oki Electric)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 福永 茂 / Shigeru Fukunaga / フクナガ シゲル
第7著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co., Ltd. (略称: Oki Electric)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 北山 研一 / Ken-ichi Kitayama / キタヤマ ケンイチ
第8著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-20 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SN 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会