電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-20 10:00
センサネットワークにおける観測雑音分散推定を用いた最良線形不偏推定 (BLUE)
藤田隆弘東京理科大)・大槻知明慶大)・金子敏信東京理科大
抄録 (和) センサネットワークにおける観測事象の推定法の1つに, 最良線形不偏推定(BLUE)がある. BLUEはフュージョンセンターにおいて各センサノードの観測雑音分散が既知のとき, 受信値を各センサノードの観測雑音分散で重み付け加算することにより観測事象を高い精度で推定することができる. しかし, 実際のシステムでは, フュージョンセンターで常に全センサノードの観測雑音分散がわかるとは限らない. 本稿では, フュージョンセンターにおける観測雑音分散の推定法を提案し, 観測雑音分散推定を用いたBLUEの特性を評価する. 計算機シミュレーションの結果, 観測雑音分散推定を用いたBLUEが, フュージョンセンターにおいて観測雑音分散が既知である従来BLUEとほぼ等しいBER特性を達成することを示す. 
(英) Best Linear Unbiased Estimator (BLUE) is one of the decentralized estimation method in sensor networks. When fusion center (FC) has the knowledge of observation noise variance of each sensor, the BLUE can estimate the observation event with high accuracy by weighting the received values by observation noise variance of each sensor. However, it is not practical to assume that FC always knows all the observation noise variances. In this report, we propose the method to estimate the observation noise variances at fusion center, and present the performance of BLUE with the estimated variances of observation noise. We show that the BLUE with the estimated observation noise variances achieves almost the same bit error rate (BER) as the conventional BLUE with perfect knowledge of the observation noise variances.
キーワード (和) ワイヤレスセンサネットワーク / 分散検出 / 最良線形不偏推定 / 観測雑音分散 / / / /  
(英) Wireless Sensor Network / Decentralized detection / Best Linear Unbiased Estimator / Observation noise variance / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SN  
開催期間 2006-01-19 - 2006-01-20 
開催地(和) 東京電機大神田キャンパス 
開催地(英) Tokyo Denki University Kanda Campus 
テーマ(和) 第3回センサネットワーク研究会 
テーマ(英) 3rd Sensor Network Conference 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SN 
会議コード 2006-01-SN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) センサネットワークにおける観測雑音分散推定を用いた最良線形不偏推定 (BLUE) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Best Linear Unbiased Estimator (BLUE) Using Estimate of Observation Noise Variance in Wireless Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ワイヤレスセンサネットワーク / Wireless Sensor Network  
キーワード(2)(和/英) 分散検出 / Decentralized detection  
キーワード(3)(和/英) 最良線形不偏推定 / Best Linear Unbiased Estimator  
キーワード(4)(和/英) 観測雑音分散 / Observation noise variance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 隆弘 / Takahiro Fujita / フジタ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 知明 / Tomoaki Ohtsuki / オオツキ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 敏信 / Toshinobu Kaneko / カネコ トシノブ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-20 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SN 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会